星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域5 | TOP | 西の空に傾いたペガスス >>

2017.11.27 Monday

星野写真(60Da、100mm) ろ座領域3

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「ろ座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC1360 : 惑星状星雲






      撮影日時 : 2017/11/19 22:34〜  120sec×36枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約−3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw9: Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro
        ・Nik Collection (Silver Efex Pro 2、Dfine 2)
      空の暗さ(E-)、透明度(CD)、フォーカス(BC)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    この領域は「エリダヌス座」と「ろ座」の境界付近です。
    主役は「NGC1360」という番号が付いている惑星状星雲です。

    その大きさに釣られて撮影してみましたが、大きいゆえに淡いですね。
    でもコントラスト強調する前の段階でもその存在は分かりました。
    星雲の淡さよりも、南中高度が30度に満たないことが手強いです。
    天頂付近だと8分程度露光できるところが、2分ほどしか露光ができません。
    南中をはさんで90分ほど撮影しましたが、薄雲によるロスが少しありました。

    フォーカス調整はちょっとしくじって、青いフリンジを出してしまいました。
    でも赤いフリンジよりはましなので、ボツにせずに仕上げてみました。

    計画では撮影時間はもっとたっぷりあったのですが、構図決めに時間を費やしてしまいました。
    StellaNavigator(Ver9)では、写野の下側の左寄りのところに明るい星があることになっています。
    これが見つからなかったのです。
    どうやらこれはデータの間違いのようで、他の星の並びを頼りに構図決めをしました。



    NGC1360 (ピクセル100%で切り抜き)

        楕円形の青い星雲が惑星状星雲「NGC1360」です。
        のっぺりしていますが、形といい色合いといい、ちょっと不思議な姿ですね。

        左下隅に見えるのは渦巻き銀河「NGC1368」です。
        上の端に見えるのは渦巻き銀河「NGC1371」です。
        両方共に赤っぽく写っているのは低空だからでしょうか?
     


     








    コメント

    これはまた手ごわい相手ですね。
    でも色がきれい。
    高度の低い対象は石垣島あたりまで遠征で・・・でもこの時期の沖縄は天気が安定しないようです。
    2017/11/27 4:45 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんばんは。

    南の低空って、どうしてこんなに面白い天体があるのでしょうね?
    写真星図を見ていたら惑星状星雲としてはかなり大きなものなので撮ってみたのです。
    色合いが青いっていうのが良いですよね。
    2017/11/27 6:31 PM by やまねももんが
    露座銀河団もお願いします。
    2017/11/27 9:24 PM by 北杜の犬
    >北杜の犬さん、おはようございます。

    ろ座銀河団は「ろ座領域2」で撮影してあります。
    右側サイドエリアに星野写真リストがあるので探してみてください。
    今回の領域よりさらに低空なので、写りは良くありませんが、、、。
    2017/11/28 5:01 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2086

    トラックバック

    ▲top