星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) オリオン座領域1 | TOP | 今朝の出来事 >>

2017.12.06 Wednesday

星野写真(60Da、100mm) おうし座領域3

0

        2017年12月に再処理しました。
        前のバージョンはこちら  → 2014/01/04 2016/12/28


    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おうし座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・Mel 25 : 散開星団(ヒアデス星団、Caldwell Object C41)
      ・NGC1647 :  散開星団
      ・HH102 : ハービッグ・ハロー天体






      撮影日時 : 2014/01/04 21:12〜  480sec×11枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-4℃

      撮影日時 : 2016/12/28 22:22〜  360sec×24枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-8℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw6 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro
        ・Nik Collection (Silver Efex Pro 2、Dfine 2)

      空の暗さ(B)、透明度(A)、フォーカス(B)  5段階評価  2014/01/04
      空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価  2016/12/28



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    この領域の主役は ”ヒアデス星団” で、とても大きな散開星団です。
    肉眼でもV字型に星が並んでいるのが分かりますが、散開星団としては星は比較的まばらで、
    メシエ番号は付いていません。
    でも「Mel 25」という番号が付いていて、カルドウェル天体にも選ばれています。
    オレンジ色の星と青白い星が混ざっていますが、両方とも散開星団に含まれるのですかね?
    V字型の星の並びはオレンジ色の星で構成されているようですが、、、。
    なお、1等星の ”アルデバラン” はたまたま同じ方向に見えているだけだということです。

    そして写野全体にこげ茶色のもくもくした雲のようなものが見えていますが、これは分子雲です。
    「おうし座分子雲」と呼ばれる大きな分子雲のごく一部が写っているのです。
    このようにとても広がった天体は、カメラレンズ向きだと思っています。
    それにしても、最近のデジカメはフィルム時代では思ってもみなかったものが写りますね。


    この領域は今までに2回(2014年と2016年)撮影しています。
    2014年は今までで最高とも言えるほど非常に透明度が良い空でした。
    2016年は総露光時間を1.6倍ほど伸ばしましたが、その写りには及びませんでした。
    やはり星空写真では空の透明度の良し悪しが一番の要素ですね。

    2回分の画像を全部使って処理をやり直してみました。
    すでにRaw現像してそれぞれコンポジットしてある画像をDSSでコンポジットしています。
    写野はかなりずれていたので、合成後の写野は短辺が12%ほど、長辺が11%ほど狭くなってしまいました。 

    総露光時間が3.8時間ほどになったので、もくもくした分子雲がかなり滑らかになりました。
    もっと炙り出せそうな気もしますが、星像の肥大化が抑えられないので、この程度にしました。



    NGC1647 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        V字型をしたヒアデス星団の前方に位置している散開星団です。
        ヒアデス星団を写すと、ほとんどの場合にもれなく写ります。
        星の色合いは青白いようです。
     



    HH102 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        一番明るい星がヒアデス星団のε星です。
        そこから左下に暗黒星雲(LDN1551)が伸びています。
        そして、その先端付近に見える赤茶色の小さな天体がハービッグ・ハロー天体です。
        生まれたばかりの若い恒星が放出するジェットが、
        分子雲を励起して輝線星雲として観測されるそうです。
        こんなものが望遠レンズで写るなんて本当に驚きです。
        で、今回もこれを大事に仕上げたつもりです。
     


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2090

    トラックバック

    ▲top