星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 今朝の出来事 | TOP | 12/13の晩のふたご座流星群 その2 >>

2017.12.14 Thursday

昨夜のふたご座流星群

0

    昨晩は山梨県のみずがき湖に、ふたご座流星群の撮影に出かけました。
    極大の予想時刻は半日ほど先なのですが、活動は思った以上に活発でした。

    今日ご紹介するのは、固定撮影で星景写真風に撮影したものです。



    女神像と冬の大三角とふたご座流星群


     2017/12/13 23:45:06
     EF16-35 f2.8 (20mm、F3.5)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
     EOS 6D RAW ISO8000、固定撮影(25秒)
     地上風景部分は前後の4枚を別処理してマスクを使って合成
     山梨県・みずがき湖にて


    「女神像」と「冬の大三角」と「流星」のコラボを狙ったのですが、ちょっと企画倒れでした。
    流星が明るくないのは仕方が無いとしても、軌跡が短すぎます。
    後でよく考えたら、輻射点(放射点)が近いので流星の軌跡が短いのは当たり前ですね。

    流星群とはいえ、見栄えのする流星はなかなか写りませんね。
    これでも肉眼では結構明るかったのですよ。



    オリオンを貫くふたご座流星群


     2017/12/14 00:54:08
     EF16-35 f2.8 (20mm、F3.5)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
     EOS 6D RAW ISO8000、固定撮影(20秒)
     山梨県・みずがき湖にて


    「冬の大三角」に拘って撮影を続けていたら、明るい流星がオリオンを貫きました。
    こんなのが複数写って欲しいのですが、、、。
    カメラを向けていない方向では、結構流れているのですよねえ。



    明るい流星が流れたのですが、、、


     2017/12/14 01:49:56、01:57:36
     EF16-35 f2.8 (20mm、F3.5)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
     EOS 6D RAW ISO8000、固定撮影(20秒)
     山梨県・みずがき湖にて


    8分ほどの間隔でとても明るい流星が同じような場所に流れました。
    シリウスの左側を流れたのが先で、その下を流れたのが後です。
    この写真は2枚の画像を合成しています。

    それにしても、どうしてこんなところに流れるんでしょう。
    オリオンあたりを流れてくれたら良いのにねえ。

    この時間帯は輻射点(放射点)が天頂付近にあるので、流星は上から降り注ぐように流れます。
    こういう場合は地平線付近に見栄えのする流星が流れるようです。
    つまり、今回は構図(地上の風景や写す方向など)が適切ではなかったということですね。


    ちなみにシリウスの左側を流れたものは、この日に見た流星の中で3番目に明るかったです。
    最も明るかったものは火球クラスで経路もかなり長く、思わず「おお〜っ」と声が出たほどです。
    あんなのを写してみたいですねえ。


    みずがき湖は予想に反して誰もいませんでした。
    そして強い寒気がやってきているので、とても寒かったです。
    温度計の表示はずっと−10℃の少し手前あたりでした。


     








    コメント

    やまねももんがさん、こんばんは。

    いやぁ〜、凄い、凄い!
    たくさんの流星が画像に残せて良かったですね。
    それも、オリオン座をバックに流星だなんて、めちゃくちゃカッコイイぃ〜。
    良い記念写真だと思います。
    大事に保管してくださいね。
    (笑)
    2017/12/14 9:22 PM by layout3
    こんばんは。
    昨晩は、結構流れたのですね。
    行けなかったのが残念です。
    シリウスの横の流星は、木がなければ、最高でしたね。
    あれ、みずがき湖にギャルはいなかったですか?
    2017/12/14 10:13 PM by viewru3103
    13日から14日にかけての本祭りも、今夜の後の祭りも雲に覆われてカメラを出すことすらできません。
    保険の意味も込めて12日から13日にかけて、自宅ベランダから撮影した中に3つばかり写っていましたが、周囲が明るいせいもあって「これぞ」というのはありません。
    予測のつかない流星は別の意味で撮影難度が高いですね。
    2017/12/14 10:56 PM by 悠々遊
    こんにちは。
    この晩は同じ頃に自宅屋上で冷たい強風に耐えていました。
    みずがき湖は山で風が遮られていたのでしょうか。それでも
    かなり寒かったでしょうね。今晩は薄雲が立ち込めています。
    今年の双子も終わったなと思いました。
    2017/12/14 11:25 PM by ヤマボウシ
    >layout3さん、おはようございます。

    ふたご座流星群は本当に期待を裏切らないですね。
    毎年楽しみにしていて、天気さえ良ければ出かけています。
    流星写真は運が占める部分が大きいのですが、今年は微妙な結果になりました。
    でも肉眼でたくさん見れたので良しとしましょう。
    2017/12/15 5:32 AM by やまねももんが
    >viewru3103さん、おはようございます。

    水曜の晩か木曜の晩かで悩みましたが、水曜の晩を選択しました。
    夜半後はかなり流れて、明るいものも少なくなかったです。
    木を入れたのは星景写真風を考えてのことでしたが、それが失敗でしたね。
    ギャルどころかおじさんもいませんでした(涙)。
    2017/12/15 5:38 AM by やまねももんが
    >悠々遊さん、おはようございます。

    そちらは天気が駄目だったのですか。
    冬型の天気で強い寒気がやってきていますからね。
    こちらは天気は良かったですが、寒くて寒くて明け方までは居られませんでした。
    流星がうまく写るかどうかは運次第の部分が多いですね。
    それに写っているかどうかのチェックも大変です。
    2017/12/15 5:58 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    風は強くはありませんでしたが、弱い風でも寒さが堪えますね。
    平年並みの気温だったら良かったのですが、、、。
    でもよく晴れたのであまり文句は言えませんね。
    うちの奥さんの都合で水曜の晩にしたのですが、結果的には正解だったようです。
    2017/12/15 6:04 AM by やまねももんが
    やまねももんがさん、厳寒の中一人ぼっちの撮影大変でしたね。
    ふたご群らしくオリオンをつらぬく流星も撮れたことだし、成果有りということで。
    ふつうは目に見えないものが写るのが天体写真ですが、
    流れ星だけは別物のようです。
    2年前 奇跡的にふたご群が見れた時も、ちょうどカメラを向けている方向に
    明るい流星が流れて期待したのですが、画像を見たらちっぽけでがっかりしました。


    2017/12/15 12:12 PM by 雲上(くもがみ)
    >雲上さん、こんにちは。

    実はうちの奥さんも連れていったのです。
    大学の天文サークルの後輩で、大きな天文現象の時は一緒に出掛けることが多いです。
    仰るように流星は写真よりも目で見るほうが優っていますね。
    明るい流星が流れたときには思わず声が出てしまうほどインパクトがありますよね。
    写真でもびっくりするくらいの火球を写してみたいものです。
    2017/12/15 3:04 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2092

    トラックバック

    ▲top