星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 12/13の晩のふたご座流星群 その2 | TOP | みずがき湖での夜の風景写真 >>

2017.12.17 Sunday

星野写真(60Da、100mm) ぎょしゃ座領域1

0

        2017年12月に再処理しました。
        前のバージョンはこちら  → 2013/12/24 2014/12/18

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「ぎょしゃ座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M36 : 散開星団
      ・M37 : 散開星団
      ・M38 : 散開星団
      ・IC405 : 散光星雲 (まがたま星雲、Sh2-229、Caldwell Object C31)
      ・IC410 : 散光星雲 (Sh2-236)
      ・IC417 : 散光星雲 (Sh2-234)

      ・Mel.31: 散開星団
      ・Sh2-230 : 散光星雲
      ・Sh2-235 : 散光星雲
      ・B 29 : 暗黒星雲






      撮影日時 : 2013/12/24 21:19〜  240sec×16枚
      撮影場所 : 山梨県・高根町  気温は約−7℃

      撮影日時 : 2014/12/18 23:29〜  240sec×23枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-10℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro
        ・Nik Collection (Dfine 2)

      空の暗さ(CD)、透明度(C)、フォーカス(C) 5段階評価  2013/12/24
      空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(BC) 5段階評価  2014/12/18




    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    ぎょしゃ座のこの領域は、複数の大きな散開星団と散光星雲が集まっていて、とても華やかです。
    散光星雲も、赤一辺倒でないのが良いですね。
    そして、星雲の周りのちょっと明るい星の色がとてもカラフルです。
    また銀河(天の川)の中なので、微光星がとても多く、暗黒星雲も点在しています。


    この領域は、今までに2回撮影しています(2013年と2014年)。
    そこで2回分の画像を全部使って処理をやり直してみました。
    すでにRaw現像してそれぞれコンポジットしてある画像をDSSでコンポジットしています。
    写野はずれていたので、合成後の写野は長辺が4%ほど、短辺が9%ほど狭くなっています。 

    総露光時間が伸びたので、背景や星雲の淡い部分は少し滑らかになりました。 
    でも2013年に撮影したものは空の状態が少し良くなかったので、全体的にはあまり変わりませんでした。 
    もう少し変わるかと思ったのですが、、、。
    そこで強調処理をもうひと押ししてしまいました。
     
    この領域はシアン系の色合いが強くて、どうも苦手です。
    そこで色相を調整して、少し赤みのある色合いに仕上げています。



    M37、M36、M38 (ピクセル33%で切り抜き)

        ぎょしゃ座の散開星団三兄弟で、双眼鏡でもよく見えます。
        並んでいる順に並べてみましたが、それぞれに特徴がありますね。
        M37だけは五角形の外で散光星雲の赤みのない領域にいます。
        散開星団を主体にするなら、背景はもう少し暗くしたほうが良いですね。
     



    IC405、IC410、IC417 (ピクセル33%で切り抜き)

        右側の大きな散光星雲が「まがたま星雲」と呼ばれている「IC405」です。
        赤一辺倒ではなくて、一番明るい領域には少し青っぽい部分も見られて、とても綺麗ですね。
        星雲のほぼ中央にある「ぎょしゃ座AE星」は通称「ランナウェイ・スター」とも呼ばれています。
        オリオン大星雲で生まれて飛び出してきた星で、
        たまたまIC405の中を通過中で星雲を輝かせているそうです。

        左側の散光星雲は「IC410」です。
        両者の間には少し明るい星が集まっていますが、
        これは散開星団で「Mel31」という番号が付いているようです。

        左寄りのピンクがかった小さな星雲が「IC417」です。
        この周りも星の色がきれいですね。

        M38の右側にある淡い星雲は「Sh2-230」だと思います。
     


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2094

    トラックバック

    ▲top