星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) ペガスス座領域2 | TOP | クリスマス用の星景写真は企画倒れでした >>

2017.12.23 Saturday

夏の大三角と冬の大三角

0

    12/17の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



    沈みゆく夏の大三角


     2017/12/17 18:45  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)×2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    季節は冬ですが、宵のうちならまだ ”夏の大三角” を見ることができます。

    でもこの時間帯はまだ夜空が少し明るくて透明度もそれほど良くないのですよね。
    だから元画像では天の川も微かにしか写っていません。
    そこで、思いっきりはっきりくっきり志向で仕上げてみました。
    星空部分の背景はかなり荒れてしまいましたが、20秒露光ですから仕方がありません。



    昇ってきた冬の大三角


     2017/12/17 21:33  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)×2枚
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”夏の大三角” が西の空に沈んでいくと ”冬の大三角” が東の空に昇ってきます。

    夜も更けてきたので夜空がだいぶきれいになってきました。
    ”冬の大三角” は明るい星が多いので、とても華やかですよね。

    この白い柵はとても良いアクセントになっていると思います。


    1枚目と2枚目とで星空の色合いが違っていますが、空の状態に合わせて仕上げていったらこうなったのです。
    まあ雰囲気的にも合っているかなと思います。


     








    コメント

    やまねももんがさん こんにちは。
    わたしはむろん現地に行ったことはないのですが、
    今回の2つの画像に同じ建物が入っているだけで、
    そこにいったことがあるかのような感覚になりました。
    それにしても山際まで星がくっきりで、合成は大変でしょう?
    わたしもおりおんショットで地上風景(機材)を合成していますが、
    ブレやぼけのおかげで合成はアバウトでも大丈夫です。
    2017/12/23 3:58 PM by 雲上(くもがみ)
    >雲上さん、おはようございます。

    ここはビジターセンターが独特の形をした建物なのでとても気に入っています。
    そして女神像や牡鹿像もありますしね。
    ここでの星景写真をたくさんお見せしているので、風景がしっかりインプットされているのでしょう?(苦笑)
    合成は慣れてくるとそれほど大変ではないですよ。
    マスクの境界部分もかえってきっちりしていないほうが不自然さが低減されるような気がしています。
    2017/12/24 6:06 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2097

    トラックバック

    ▲top