星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 百武彗星 (1996.03.26) | TOP | ヘールボップ彗星 (1997.03.30) 続き >>

2011.03.30 Wednesday

ヘールボップ彗星 (1997.03.30)

0

    14年前のヘールボップ彗星です。

    3月下旬になると、彗星は夕方の空に移り、仕事の都合と天気と空の透明度との戦いでした。

    ここ数日、晴れてはいますが、薄いすじのような雲が多いです。
    彗星は明るいのですが、尾は良く見えません。
    やはり夕方は朝方より条件が良くなくて、太陽に近い彗星は難物です。

    思い切って遠出して、「月間天文」に載っていた長野県・浪合村にある蛇峠山・馬の背に行ってみました。
    ここは標高が1456mありますが、車で登れて見晴らしがとっても良いです。

    16時頃に着いた時には西から切れ目なく雲が流れていましたが、18時半ごろには快晴になりました。
    10人ほどが集まりましたが、福井から5時間かけて来た人もいました。
    そういう私も4時間かけて来たのです。


    24mm

     1997/03/30  19:08  FD24mm F1.4→2.0  露出2分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  長野県 浪合村


    シリウスに続いて彗星が見えてきました。
    それまで皆で雑談していましたが、それぞれの機材のところへ戻って準備開始です。
    でもまだ北極星が見えてこないので、赤道儀のセッティングが出来ずイライラします。
    なんとか準備が整って、まだ薄明が終わっていませんが撮影を始めます。

    左下の雲の近くの明るい星は水星です。
    フィルムが浮いてしまったようで、中央と左側がピンボケになってしまいました。



    24mm

     1997/03/30  19:36  FD24mm F1.4→2.0  露出5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 80%×90%  長野県 浪合村


    雨が朝までにやんで天気が急速に回復しました。
    風が強くてとても寒いですが、透明度が非常に良いです。

    右側が青っぽいのは、スキー場の照明でしょうか?

    夕方の空にまわってからはあまり良く見えず諦めかけていましたが、天気と場所しだいだと痛感しました。
    尾の長さは、ダストの尾が10度、イオンの尾が15度程度でしょうか。
    彗星の右側に ”カシオペア” が見えているので、彗星の大きさが分かるでしょう。



    35mm

     1997/03/30  20:09  FD35mm F2.0→2.8  露出5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  長野県 浪合村


    肉眼でもイオンの尾とダストの尾が見え、私の妻は 「いわとびペンギン」 だと言っていました。
    肉眼で見た姿も写真の写りも、この日が最高でした。
    4時間の道程を来たかいがありました。

    この頃はネガフィルムで撮影していました。
    今の機材があれば、どんな写真が撮れたのでしょうね。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top