星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 「アストロフェス IN みずがき」のご案内 | TOP | 冬の大三角のリベンジはちょっと微妙 >>

2018.04.14 Saturday

土星と火星はどこ?

0

    4/9の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。


    女神像と昇ってきた木星


     2018/04/09 20:24  EF16-35 f2.8 (28mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO6400、F4.0、固定撮影(20秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”さそり” に先立って ”木星” が昇ってきました。
    いやあ、明るいですねえ。
    「女神像」と一緒に撮ろうと思ったら、ちょうど薄雲が湧いてしまいました。
    でもまあ、ちょっと良い感じに撮れたような気がします。
    薄雲越しなので、ディフュージョンフィルターは使いませんでした。


    さそりがだいぶ昇ってきました


     2018/04/10 01:31  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”さそり” は ”アンタレス” まで見えてきました。
    この方向が開けていれば、しっぽの部分までもう見えているのでしょうね。
    月の出が迫っているので、早く昇ってくれないかなあ。

    写真では左の低空が微かにもやもやしていますが、これは夏の銀河(天の川)です。
    肉眼では全く分かりませんでした。

    毎年この構図で撮影するのですが、いつも「女神像」をどのように入れようか悩んでしまいます。


    いやあ、やらかしてしまいました


     2018/04/10 01:56  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”さそり” の左側に ”土星” と ”火星” がいるはずなのですが、、、。
    正確な位置や明るさをチェックしないで出かけてしまいました。
    おまけにノートPCのバッテリーが切れてしまって、ステラナビゲートを見ることもできません。

    そろそろ月が昇ってくる頃なので撮影を終えようかと思ったら、明るい星が昇ってきました。
    これはどっちだろう?
    とにかく撮影して駐車場に戻ると、この星の左下にも明るい星が見えました。
    なんだあ、こんなところにいたのか。
    という訳で、3つの明るい惑星を一緒に撮るのは次回に持越しです。

    ディフュージョンフィルターをレンズの前に配置しているので、木星がラグビーボールみたいに歪んでしまっています。
    レンズの後ろに配置すればいいのですが、夜の野外で付けたり外したりするのどうしても躊躇してしまいます。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2124

    トラックバック

    ▲top