星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 土星と火星はどこ? | TOP | 「星空写真展」のご案内 >>

2018.04.16 Monday

冬の大三角のリベンジはちょっと微妙

0

    1週間ほど前に、今年初めての夜遊びで ”冬の大三角” をやっと撮ることができました。
    でも ”オリオン座のリゲル” が隠れてしまいそうで、構図を選んでいる余裕など無く、とにかく撮ったという状況でした。
        → 記事はこちら

    昨夜は今年2回目の夜遊びに出かけ、まず上記のリベンジを狙いました。
    結果は、、、



    沈みゆく冬の大三角 (先日のリベンジはならず)


     2018/04/15 19:59  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(180秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン座のリゲル” が隠れてしまいそうという、6日前とほとんど同じ状況の撮影になってしまいました。
    30分ほど早く撮影できたのですが、6日間でそれを帳消しにしてしまうほど星は西に移動していたのです。
    よく考えれば当たり前のことですね(苦笑)。

    でも前回よりも空の状態がとても良くて、星空の写りがかなり違います。
    冬の銀河(天の川)もかすかに写っているような気がしないでもありません。
    星空の色合い調整もあまり悩まずにできました。



    沈みゆく冬の大三角 (別バージョン)


     2018/04/15 21:23  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(180秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    これも ”沈みゆく冬の大三角” なのですが、分かりますか?
    右側の山影に今にも隠れそうなのが ”オリオン座のベテルギウス” なのです。
    私はあの赤っぽい明るい星は何だろう?と、しばらく考えてしまいました。
    だから撮影が遅れて、今一歩でチャンスを逃してしまうところでした。

    それにしても、どうしていつもこういうタイミングなのでしょう?<BR>
    ぎりぎりセーフだと思えばラッキーなのでしょうが、もう少し早ければもっと落ち着いて撮影ができたはずですよね。

    真ん中に枝ぶりの良い木を入れてしまったので、合成するのに悪戦苦闘してしまいました。


     








    コメント

    うふふ。やまねももんがさんの焦りぶりに 思わずちょっと笑ってしまいました^^
    1枚目、主役は冬の大三角なので オリオン座やゲストハウスとの位置関係も考えると、これがベストの構図のように感じますが。。
    2枚目、沈みゆく冬の大三角形・・・、
    ベテルギウスがぎりぎりあとちょっとで消えゆく「刹那」を見事にとらえた奇跡の一枚は 神秘的でとっても美しいですね。
    どちらも、星空の「思ったよりも速い動き」を実感できた、楽しいお写真でした♪
    2018/04/17 8:30 AM by JJ(刹那、それは永遠の一瞬!)
    >JJ(刹那、それは永遠の一瞬!)さん、こんにちは。

    はい、1枚目は構図的には気に入っています。
    でもオリオンがもう少し高い時に撮りたかったです。
    しかしこの日はこれより早いと薄明の明るさが残ってしまったでしょうから、どうしようもありませんね。

    2枚目は「待ってくれ〜」と言いながら場所をあれこれ探してしまいました。
    肉眼ではもっと余裕があるように感じたのですが、写真ではもう山の木々に隠れ始めていますね。
    こういう時って、日周運動がとても早く感じますね。
    2018/04/17 5:11 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2125

    トラックバック

    ▲top