星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) からす座領域1 | TOP | アストロフェス IN みずがき 2018 いよいよ今週末です >>

2018.05.09 Wednesday

沈みゆく冬の大三角 他

0

    5/4に長野県・海の口で撮影した星空写真です。



    沈みゆく冬の大三角


     2018/05/04 19:33  EF16-35 f2.8 (26mm、F5.6)
     ISO3200、固定撮影(15秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    ”宵の明星” の次は ”冬の大三角”です。
    ”おおいぬ座のシリウス” はすぐに見えてきましたが、思っていたよりもずっと高度が低いです。
    上のほうを見ると ”こいぬ座のプロキオン” も見えていました。
    でも肝心の ”オリオン座のベテルギウス” が見えません。
    雲に隠れているのです。

    少し粘っていたら雲間からちらっと顔を出してくれました。
    八ヶ岳に掛かっている雲は段々と少なくなっていますが、ベテルギウスは高度を下げていくので、この後もあまりチャンスはありませんでした。
    日没から1時間ほどしか経っていないので、空はまだ明るさが残っています。
    山の稜線あたりに見えているのは山小屋の灯りだと思います。

    地中風景を別撮りして合成してもうまくいかないように思われたので、1枚撮りにしました。
    少し前方に撮影している方がいるのですが、全く分かりませんね。



    街灯に照らされた木々​


     2018/05/04 19:51  EF16-35 f2.8 (28mm、F4.0)  固定撮影(60秒)
     EOS 6D RAW、ISO1250  長野県・海ノ口にて


    これは夜の風景写真です。

    街灯が木々をオレンジ色に染めていて、それが水面に映っています。
    もっと良い雰囲気に見えたのですがねえ。
    こういう情景はどうやって撮ったらいいのでしょう?

    風が弱まるのを待ったのですが、風が止むことはありませんでした。
    そしてこの時間帯はひっきりなしに飛行機が飛ぶので、何枚も何枚もボツにしました。



    沈みゆくぎょしゃ


     2018/05/04 20:24  EF16-35 f2.8 (35mm、F4.0)
     ISO6400、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    ほぼ薄明が終わった頃で、空がだいぶ暗くなりました。
    でもまだ時間帯が早いので、この場所本来の暗さではありません。

    ”ぎょしゃ” がこれから沈んでいこうとしています。
    五角形の全ての星が見えているうちに撮影できて良かったです。

    別荘の灯りを絵作りに使っています。
    しかし、、、。
    水面に映っている光は ”ぎょしゃ座のカペラ” だと思っていたのですが、どうも違いますね。
    またまた、やらかしてしまいました(涙)。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2137

    トラックバック

    ▲top