星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) さそり座領域1 | TOP | 夏の銀河(天の川) >>

2018.06.10 Sunday

昇ってきたアンタレスと木星 他

0

    5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



    昇ってきたアンタレス、そして木星


     2018/05/19 22:49  EF16-35 f2.8 (28mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”さそり座のアンタレス” が昇ってきたので、とても明るい ”木星” と一緒に撮りました。
    前景は「女神像」ですが、どちらが主役ですかね?

    星空部分を大きく入れると上のほうが散漫になってしまうので、思い切って地上風景を大きく入れています。
    この場所ではこのような構図がとれるのも面白いところです。



    昇ってきた夏の大三角と牡鹿像


     2018/05/19 23:29  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    なかなか昇ってこない ”わし座のアルタイル” がやっと昇ってきました。
    両脇に星を従えているので、それらも見えるようになるまで我慢して待っていました。
    前景は「牡鹿像」です。

    この方向は低空が明るくていつも濁ったような発色になります。
    関東平野の街明りだと思うのですが、この日もそうでした。
    ”夏の銀河(天の川)” は肉眼でも微かに見えていました。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2159

    トラックバック

    ▲top