星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 昇ってきたカシオペア | TOP | 天の川の描写は加減が難しいです >>

2018.06.24 Sunday

夏の銀河(天の川)

0

    5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



    夏の銀河(天の川)


     2018/05/20 00:18 EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0) 追尾撮影(120秒)×8枚
     Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置  EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    カメラをポタ赤に載せて追尾撮影して、8枚をコンポジットしました。
    コンポジットはDSSに任せたのですが、何も言わずに処理してくれました。

    でもショックなことが2つ!

    画像の左側がややピンボケなことに気が付きました。
    原因は後で探るとして、とりあえずFlatAideProのスターシャープ機能を使って星像を少し細らせました。

    街明りによるカブリのために、明るさや色合いの偏りやムラが多いです。
    これを手作業で補正していったのですが、あまりうまく出来なくて、あっさりと仕上げることしかできませんでした。
    そして固定撮影の20秒露光の画像と比べると、あまり差が無いじゃないですか!
    追尾撮影してコンポジットしたのに情けないですねえ、、、。

    ディフュージョンフィルターはレンズの後ろに配置したかったです。
    でも暗い野外でレンズを外してフィルターを付ける作業はやりたくないのです。
    一度レンズを落としそうになったことがあったものですから。



    夏の銀河(天の川)


     2018/05/20 01:06  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)  追尾撮影(120秒)×5枚
     EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    ディフュージョンフィルターを外して撮ってみました。

    銀河(天の川)の描写にはフィルター無しが良いですね。
    でも星の明るさの違いは、フィルターを使ったほうが目で見た感じに近いですね。

    ズームレンズの焦点距離を16mmにすれば、夏の大三角まで入ったかなあ?
    でも焦点距離を短くするほど周辺減光が大きいので躊躇してしまったのです。



    今日の写真は星野写真に分類したのですがどうでしょう?
    でも星景写真でもないですよね。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2165

    トラックバック

    ▲top