星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏の銀河(天の川)と火星 | TOP | 今年はセミが少ないのかなあ? >>

2018.07.25 Wednesday

昇ってきたカシオペアと秋の銀河(天の川)

0

    7/20の晩に長野県・海ノ口で撮影した星空写真です。


    昇ってきたカシオペアと秋の銀河(天の川)


     2018/07/21 00:06  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(30秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    月も沈んで、北側の星空がかなりきれいになってきました。
    木立の間に ”カシオペア” が見えてきて、”はくちょう座のデネブ” あたりまでの秋の銀河(天の川)も肉眼で見えています。

    定番の構図を撮りたかったのですが、秋の銀河(天の川)はもう垂直に立っていました。
    もっと斜めの状態のときに撮影したかったですね。

    この場所での星景写真では、前景はこのように木々になるのですが、暗いのでほとんど黒くつぶれてしまいます。
    これでも仕上げの段階であれこれともがいたのですが、、、。
    地上風景用の画像はもっとたっぷり露光しないと駄目ですね。

    地上風景用の画像は、暗部におびただしい輝点ノイズが発生していました。
    おそらくRaw現像時に明瞭度をかなり上げたせいだと思います。
    そこで2枚目の画像を少しだけずらして、カラー比較暗で合成しました。
    その結果、ほとんどの輝点ノイズは消えてくれましたが、全体的に少し暗くなってしまいました。
    それだけノイジーだったということで、これには驚きました。

    一方で星空部分は、短時間露光の固定撮影にしてはきれいに写せたと思います。
    本当はポタ赤でガイド撮影しようと思っていたのですが、何故か追尾してくれなかったのです(涙)。
    モーターは回っている音がしているのですがねえ。



    星空写真の処理がなかなか捗らなくて、1枚づつの公開になってしまっています。
    昼間は少しでも発熱源を少なくしようと、PCをオフにしているのも要因のひとつです。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2179

    トラックバック

    ▲top