星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏の銀河(天の川)が何とか水面に映りました | TOP | 針葉樹と夏の大三角 >>

2018.07.29 Sunday

そしてアンドロメダ銀河

0

    7/20の晩に長野県・海ノ口で撮影した星空写真です。


    針葉樹とペガススの四辺形、そしてアンドロメダ銀河


     2018/07/21 00:30  EF16-35 f2.8 (22mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(30秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    東の空には、もうだいぶ高度が高くなっていますが、”ペガススの四辺形” と ”アンドロメダ銀河” が昇ってきていました。
    前景には針葉樹を配置して、地面までしっかり入るように構図をとりました。
    こういう時にズームレンズは便利ですよね。
    地面が黒つぶれしないで何とか描写できて良かったです。
    また人工的な灯りがアクセントとして絵作りを手伝ってくれています。

    東側の低空が明るいのは、秩父の山々を越えてきた関東平野の街明りだと思っています。
    黄色っぽい濁った発色がとても嫌です。



    カシオペアとペルセウス、そしてアンドロメダ銀河


     2018/07/21 02:28  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(30秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    ”ペルセウス” が昇ってきたので、”カシオペア” と一緒に撮りました。
    ”アンドロメダ銀河” を入れることも忘れていません。
    とても明るい星が見えてきたなあと思ったら ”ぎょしゃ座のカペラ” でした。

    これも ”アンドロメダ銀河” をちゃんと入れました。


     








    コメント

    こんにちは。
    午前零時を過ぎると東の空にはもうアンドロメダ星雲ですか。
    季節の巡りは速いですね。
    仰る通り、地面が黒潰れでなくて、いい雰囲気が出ていますね。
    2018/07/29 11:06 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、夜半後の星空は季節を先取りできます。
    明け方近くになるともう冬の星座が顔を出してきますよ。
    地面が黒潰れしないようにとても苦労しました。
    でもとてもザラザラで、撮影条件を見直さないと駄目ですね。
    2018/07/29 3:24 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    星空はものすごく綺麗ですし景色ものっぺりしてなくてディテール感があり、撮影枚数からこの仕上がりには驚きです。
    景色のアクセントになる灯りはあるとないでは大違いですよね。
    1/3段明るく撮られていますが、後方には何か照らしてくれるような灯りはあるのでしょうか。
    2018/07/30 7:21 PM by フーマン
    >フーマンさん、おはようございます。

    ここは標高が1600mほどあるので、星空がとてもきれいな場所です。
    一方で人工的な灯りはほとんで無いので足元などはかなり暗いです。
    地上風景用の画像は黒潰れ寸前になっていたので、明瞭度を思いっきり上げています。
    すると気温が高かったためか輝点ノイズがびっしり出てきたので、1枚を縦横共に1ピクセルづつシフトさせて、比較暗で合成しています。
    今回は小手先だけで対処しましたが、撮影条件そのものから見直す必要性を痛感しています。
    2018/07/31 4:27 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2182

    トラックバック

    ▲top