星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 収穫時期が難しい、つい、、、 | TOP | 夏の大三角付近の銀河(天の川) >>

2018.08.20 Monday

火星を主題にした星景写真

0

    8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。

    火星は地球大接近を少し過ぎたとはいえ、-2.5等とまだまだ明るくて存在感が半端無いです。
    そこで火星を主題とした星景写真を撮ろうと思ったのですが、良いアイデアが浮かばずに、ただ撮っただけになってしまいました(苦笑)。



    女神像と夏の銀河(天の川)、そして火星


     2018/08/17 22:05  EF16-35 f2.8 (25mm)
     地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    この日の星景写真の1枚目です。
    半月ほどの月があと30分ほどで沈むのですが、待ちきれずに撮影を始めました。
    この場所は地上風景がほどよく暗く、街灯などの灯りもカラフルで、星景写真をとても楽しむことができます。

    「女神像」と ”火星” と ”土星” を撮りたかったのですが、土星はちょっと目立ちませんね。
    そして思った以上に ”夏の銀河(天の川)” がよく写ってくれました。

    女神像をもう少し右に配置したかったのですが、道路の向こうのプレハブが写り込んでしまうので断念しました。
    空の色合いはイメージ優先で青みを強く仕上げています。



    火星と土星のツーショット


     2018/08/17 22:49  EF16-35 f2.8 (35mm)
     地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”火星” と ”土星” のツーショットを、ズームレンズの焦点距離を伸ばして撮りました。
    こういう写真は地上風景が入ったほうが面白いと思っています。
    でもツーショットと言うには火星が明るすぎて、土星がちょっと可哀想ですね。

    火星の上あたりに少し薄雲があったようです。
    肉眼ではよく分からない程度ですが、これが空の透明度を少し落としている要因だったのかもしれません。

    焦点距離が35mmなので、20秒の露光時間でも星の流れがちょっと気になりますね。
    せめて15秒、欲を言えば10秒でしょうか?
    でもそれをするには、もう一工夫も二工夫も必要です。

    これももう少し右に向けたかったのですが、いろいろな事情で、、、。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2191

    トラックバック

    ▲top