星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 今年の猛暑を乗りきれたかな?(猫の話です) | TOP | 夏の大三角を主題にした星景写真 >>

2018.09.01 Saturday

星野写真(60Da、100mm) いるか座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。

    撮影対象になる星雲星団や銀河はありませんが、
    星の並びが特徴的で大きさも手ごろなので、このシリーズに加えてみました。




      撮影日時 : 2018/08/17 21:50〜  240sec×20枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約+12℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      赤道儀 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw10: Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro
        ・Nik Collection (Dfine 2)
      空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(C) 5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    いるか座はわし座の近くに位置していて、星の並びが特徴的でかわいい星座です。
    夏の大三角を撮影すると、一緒に写っていることが多いですね
    銀河(天の川)に近いので微光星がびっしりです。

    フォーカス調整にわし座のアルタイルを使ったのですが、結果的に青側にずれてしまいました。
    まあ、赤いフリンジが出るよりはましですが、、、。
    いろいろと手は尽くしてみたのですが、やはり星の色合いに影響が残ってしまったようです。

    ときどき薄雲が通過したようですが、大きな影響は無かったようです。

    地平高度が高いとは言え、画像には背景の明るさや色合いの偏りが生じます。
    最初に、これをフォトショップのグラデーションマスクを使って補正していきます。
    明るさ補正よりも色合いの補正が厄介ですね。
    今回はフラットエイドプロの手も借りました。
    次にステライメージのデジタル現像で諧調を切り出します。
    そしてフォトショップで好みの絵作りをしています。

    あっさりと処理して星の表情をできるだけ壊さないようにするつもりでしたが、ついつい、、、。


     








    コメント

    こんにちは。
    ここら辺は小さな星座が多くて興味深いです。
    特にいるか座は暗い割に目立つし可愛らしくて
    魅力的な星座ですね。ここに注目する人は意外に
    少ないですね。100个砲圓辰燭蠅任后
    2018/09/02 8:38 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    小さくても意外と目立つ星座ってありますよね。
    そんな星座をいくつかこのシリーズに加えてみました。
    かんむり座に続く第2弾です。
    次は南のかんむり座を狙っているのですが、思っていた以上に高度が低くて、どうしようかなと悩んでいるところです。

    2018/09/02 3:50 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2198

    トラックバック

    ▲top