星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ヘールボップ彗星 (1997.03.30) | TOP | ヘールボップ彗星 (1997.04.01) >>

2011.03.31 Thursday

ヘールボップ彗星 (1997.03.30) 続き

0

    14年前のヘールボップ彗星です。
    昨日の続きです。


    50mm

     1997/03/30  20:09  50mm F1.8→2.8  露出5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  長野県 浪合村


    イオンの尾は、予想よりもやや下向きで、しかも少し曲がっているような気がします。
    何故でしょう?

    いろいろなレンズで撮影しています。
    色をできるだけ揃えようとしているのですが、微妙に異なってしまいます。
    ダストの尾は、どれが本物に近いのでしょうか?



    200mm

     1997/03/30  19:20  200mm F2.8→2.8  露出10分(ノータッチガイド)  2枚をコンポジット
     FUJI SuperG ACE 400  トリミング : 83%×83%   長野県 浪合村


    イオンの尾は太陽と反対にたなびくはずなのですが、かなり広い角度を有しているのは何故でしょう?
    ダストの尾は濃い部分がかなり大きくなってきて、ますます成長しています。
    普通の望遠レンズで、こんな写真が撮れるのですから、すごい彗星です。



    24mm

     1997/03/30  20:37  FD24mm F1.4→2.0 露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 62%×90%  長野県 浪合村


    彗星の高度がだいぶ低くなってきましたが、空の透明度が良いので、まだよく見えています。

    気温は−4℃あたりまで冷え込んで、風が強くて、とても寒いです。
    21時過ぎに帰路について、家に着いたら日付が変わっていました。
    でも満足感で一杯です。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top