星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< カシオペアからおおいぬまで | TOP | 星雲星団の写真は難しい >>

2011.11.10 Thursday

秋と冬の銀河(天の川) カメラによる写りの違い

0


    秋と冬の銀河(天の川)を2台のカメラで撮り比べてみました。
      (1) : EOS 5DMark2 + EF15mm F2.8
      (2) : EOS 20Da + Tokina 10-17mm (10mm) F3.5

    ただし、全く同じ条件ではありません。
      (1)はISO3200の固定撮影で、(2)はISO1600のガイド撮影です。
      (1)はディフュージョンフィルターを使っています。
      処理は全てCameraRawで行なっていますが、処理パラメータは異なります。
        ・特に色合い調整のための色温度パラメータは異なります。


    秋の銀河

    EOS 5DMark2 + EF15mm F2.8

     2011/11/02 00:00  EF15mm F2.8→2.8  固定撮影(露出60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県 みずがき山自然公園にて


    ”はくちょう” から ”オリオン” 近くまで写っています。
    いつもは30秒露光なのですが、60秒とたっぷり露光しました。
    その分だけ、星が少し流れていますが。
    星空の色合いも、まあまあ好みに調整できたと思います。


    EOS 20Da + Tokina 10-17mm (10mm) F3.5

     2011/11/02 00:01  Tokina 10-17mm (10mm) F3.5→3.5  ガイド撮影(120秒)
     EOS 20Da RAW、ISO1600  山梨県 みずがき山自然公園にて


    このカメラとレンズの組み合わせは初めてでしょうか?
    非常に写野が広くて ”はくちょう” から ”ぎょしゃ” まで写っています。
    フルサイズ+対角魚眼に近いですね。
    星空の色合いも、かなり満足できるように調整できました。

    ディフュージョンフィルターは使っていませんが、明るい星はそこそこ目だって見えます。
    カシオペアは上の写真と同じように見えますね。



    今回、星空の色合いは(1)でもまあまあ好みに調整できたと思います。
    でも、銀河(天の川)の描写は(2)に敵いません。
    これはもう ノーマルカメラの限界でしょうか?

    カシオペア付近のピクセル等倍画像を示します。
      ・画像の滑らかさでは、(1)の方が勝っていますね。
      ・でも、(2)は銀河(天の川)に赤みがあっていいですね。
         ・(1)で、このようにしようとすると、全体がかなり赤くなってしまうのです。




    また、(1)では低空の赤っぽさが目立ちます。
    赤の写りの良い(2)の方が、赤っぽさが少ないのは何故でしょうか?
    色合いに関しては、よく分からないことが多いです。



    冬の銀河

    EOS 5DMark2 + EF15mm F2.8

     2011/11/02 00:15  EF15mm F2.8→2.8  固定撮影(露出60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県 みずがき山自然公園にて


    ”おおいぬ座のシリウス” が見えてきました。
    上のほうは ”カシオペア” の先まで写っています。
    これも、60秒とたっぷり露光しました。
    星空の色合いも、まあまあ好みに調整できたと思います


    EOS 20Da + Tokina 10-17mm (10mm) F3.5

     2011/11/02 00:23  Tokina 10-17mm (10mm) F3.5→3.5  ガイド撮影(120秒)
     EOS 20Da RAW、ISO1600  山梨県 みずがき山自然公園にて


    非常に写野が広くて ”おおいぬのシリウス” から ”カシオペア” まで写っています。
    冬の銀河(天の川)がよく写っていて、南東の方角も暗いことが分かります。
    左端に、私のもう1台のカメラのランプが写り込んでしまいました。
    星空の色合いも、かなり満足できるように調整できました。


    オリオンの三ツ星と小三ツ星付近のピクセル等倍画像を示します。
    秋の銀河の場合と同様です。




    Raw現像ツールとしてノイズ低減能力の高いCameraRawを使うようになり、私自身のなかで20Daの魅力が復活してきています。









    コメント

    こんにちは
    この2台のそれぞれの組み合わせが、似たような画角になるのは不思議ですねー。
    5Dm兇粒蠅蕕さが、フルサイズの威力によるものなのか、フィルターによるものなのか、或いはその両方なのかはわかりません。 赤い色についても何とも。。。。
    赤道儀に2台付けて、よーいドンで同じ露光をすると面白そうです。
    しかし、どのカメラとレンズの組み合わせでも、好みの状態に仕上げれるって、大事で凄い事だと思いますよ。
    2011/11/10 11:31 AM by かたくちいわし
     撮り比べ、面白いですね。違いがよくわかります。純粋な(?)改造カメラも比較に加わると、もっともっと違いがでるんでしょうね(な〜んて微妙に煽ったりして)。
     今度は、ぜひ撮影中の機材の撮影をお願いします。
    2011/11/10 11:36 AM by 阪神ファンいっこう
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    星空の色合いを好みに調整できたのは、夜空がきれいで街明かりの影響が少ないからだと思います。
    空が明るい所で撮影したものは、どうあがいてもダメですね。
    最近は、レンズによって微妙に色合いが異なることに気付いてきました。
    全く奥が深くて、もがいていないと沈んでしまいそうです。
    2011/11/10 12:00 PM by やまねももんが
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    特に比較しようと思って撮影したわけではないのですが、
    同じような構図のものがあったので、こうして比較してみました。

    これに改造カメラが加わったら、猫の手が欲しいほどに忙しくなるそうですよ(笑)。
    撮影中の機材の撮影は、覚えておきますね。
    2011/11/10 12:14 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    カメラが3台になると忙しそうですね。

    いつもオートガイドで撮影中は暇だからと思って2台目のカメラとポタ赤や三脚をを持っていくんですが、次の対象の座標や構図を確認したり、単に寒さで車内に避難してたり、なかなか2台目のカメラの稼働率は上がりません。
    2011/11/10 7:11 PM by さとう
    >さとうさん、こんばんは。

    カメラ3台は、結構忙しいですね。
    でも、頻繁に行けるわけではないので、あれもこれもとなってしまいます。
    お陰で、寒さをあまり感じないことが多いですよ(笑)。

    今は、便利なコントローラーがあるので楽ですね。
    昔はレリーズでバルブ撮影していたので、ときどき時計を見て露光時間をチェックしなければなりませんでした。

    2011/11/10 7:29 PM by やまねももんが
    いつもながら、息をのむような素晴らしい写真ですね!
    5Dのボリューム感と20Daのかっちりしたすがすがしさ。どちらも甲乙つけがたいです。

    ところで、「&#65533;」という文字はMacでは、ダイヤマークの中にはてなマークになってしまい。わかりませんです。
    2011/11/11 12:16 AM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    両者は、それぞれに良い面を持ったカメラです。
    でも、できればそれらを併せ持ったカメラが欲しいです。

    特殊文字の問題点のご指摘、ありがとうございます。
    修正しておきます。
    2011/11/11 4:19 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/220

    トラックバック

    ▲top