星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 今朝(1/19)撮影した岩本彗星 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) エリダヌス座領域1 >>

2019.01.20 Sunday

金星、木星、そしてアンタレス

0

    1/19の明け方に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。

    "さそり座のアンタレス” の近くに ”金星” と ”木星” が集まっています。



    金星、木星、そしてアンタレス


     2019/01/19  EF16-35 f2.8 (35mm)
     地上風景部分 : 05:02 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : 05:27 ISO5000、F3.2、固定撮影(20秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    星空には主役級が集まっているというのに、企画倒れの星景写真になってしまいました。
    まず、もう少し昇ってくるかと思ったのですがねえ。
    天文薄明が始まった頃で、これでした(涙)。
    また、もっと焦点距離の長いレンズが欲しかったです。
    50mmぐらいが適当でしょうかね。
    そして35mmでは20秒でも星の流れが気になります。

    このレンズを35mmで使ったのは初めてでしょうか?
    周辺減光の補正を含めて、CameraRawだけで処理が済んだのは驚きです。

    星の色合いはイメージ優先で青みを強く仕上げています。



    金星、木星、そしてアンタレス


     2019/01/19  EF16-35 f2.8 (35mm)
     地上風景部分 : 05:02 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : 05:28 ISO5000、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ディフュージョン・フィルターを使ったバージョンです。
    効果の弱いフィルターを使っていますが、それでも金星が凄いことになってしまいました。
    でもフィルターを使わないと、アンタレスが目立たないのですよね。

    という訳で、意外と難易度が高いシチュエーションだと感じました。



    金星、木星、そしてアンタレス


     2019/01/19 5:50  EF16-35 f2.8 (35mm、F3.2)
     ISO2000、固定撮影(20秒)
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    天文薄明が始まって25分ほど経った頃です。
    私の目ではその変化はほとんど分かりませんが、写真では明るさや色合いがどんどん変わっていきます。

    地上風景も少し明るくなってきたようなので、合成なしの一枚撮りで撮影してみました。
    ちょっといい感じに仕上げることができたかなと思っています。



    金星、木星、そしてアンタレス


     2019/01/19  EF16-35 f2.8 (35mm)
     地上風景部分 : 05:22 ISO1000、F4.0、固定撮影(120秒)、2枚
     星空部分 : 05:57 ISO1000、F3.2、固定撮影(20秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    最後にまた、地上風景部分と星空部分を別々に撮影してマスクを使って合成してみました。

    空が明るくなるまで居ることは滅多にないのですが、たまには良いですね。
    今年は例年より冷え込みが弱いのか、みずがき湖はまだ結氷していません。
    と言っても−5℃ぐらいまで冷え込んだでしょうか?


     








    コメント

    こんばんは
    何と言っても今の明け方は金星が主役ですね。
    木星やアンタレスも脇役に追いやられて、かすんで見えます(笑)。
    パラオではもっと明るく輝いていて、ソフトフィルターで撮ったら大変なことになってしまいました。
    2019/01/21 9:05 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんばんは。

    はい、金星の明るさは凄いですよね。
    山影から登ってきた瞬間に他を圧倒していました。
    木星はともかく、金星にソフトフィルターを使うのは避けたいですが、アンタレスが目立たなくなってしまうので、どうしたら良いのでしょうね?
    2019/01/21 9:28 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top