星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2/7の岩本彗星 | TOP | あっと言う間に曇ってしまいました >>

2019.02.08 Friday

やっと撮れたこの1枚

0

    1/27の晩に長野県・海ノ口で撮影した星空写真です。

    年末からずっとここへ来ていたのは、これを撮りたかったからです。
    4回目でやっと撮影できました。


    カラマツ並木と冬の大三角


     2019/01/27 19:24  TAMRON SP 15-30mm F2.8 (22mm、F2.8)
     Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
     EOS 6D RAW、ISO4000、固定撮影(15秒)  長野県・海ノ口にて


    カラマツ並木の上空に ”冬の大三角” がきれいに見えました。


    強い寒気がやってくると八ヶ岳に雲が湧いて、東側は時雨れて雪が降ります。
    冬の星景写真ですから雪は少し積もっていて欲しいのですが、今年は例年より雪が少ないようです。
    寒気のピークが過ぎた頃が晴れるチャンスなのですが、それでも急に雲が湧いたりガスったりすることもあります。
    さらに空の隙間はそれほど広くないので、撮影できる時間帯はあまり長くありません。
    たった15秒露光の写真なのですが、いろいろな条件が揃わないと駄目なのですよねえ。


    以前に撮影した時と比べて、星空の領域が狭くなったような気がします。
    カラマツが成長しているのですかね。
    明るい星が枝に隠れないように構図を探していると、何故か後ろから車が来るのですよね。
    その度に道路脇に避難しなくてはなりません。
    しかも後ろ側の明かりで三脚の影が写ってしまっています。
    自分の影が写り込まないように脇に避けるのが精一杯でした。

    もう少し先へ行けばいいかなあと思っていると、あっと言う間に曇ってしまいました。
    後から思えば、この1枚が撮影できて本当に良かったです。

     








    コメント

    こんにちは。
    渾身のワンショットですね。
    カラマツの並木と大三角が綺麗です。
    カラ松もこれだけ伸びるとそろそろ伐採でしょうね。
    となるとこの景色は今のうちかもしれません。
    この雪で狭い轍での撮影は大変だったでしょうね。
    2019/02/08 12:40 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    何度も通ってやっと撮れました。
    道に沿ってずっと続いているカラマツは見事な景観なので、できればずっと残って欲しいです。
    雪道は慣れていないので、いつもびくびくしながら運転しています。
    歩道はだれも歩かないので、意外と雪が深かったりして歩きにくかったです。
    標高が高いこともあって、ちょっと歩くと息が切れました。
    まあ、歳のせいもありますが、、、(苦笑)。
    2019/02/08 3:05 PM by やまねももんが
    もう、こういう一枚を見てしまうと、
    「これは、かなわない!」と思ってしまうのですよね。

    んで、文章を読んでみると、
    あぁ、これを撮るには、このような取り組みが…と思い知らされるわけです。

    木の成長にまで気が向くというのは、
    まったく他人にはうかがい知ることのできない「深さ」ですよ!

    すべてが素晴らしいです。真似したい!
    2019/02/09 9:21 PM by ミッチー
    >ミッチーさん、こんばんは。

    これが星景写真の楽しさだと思っています。
    でも星野写真の撮影なら晴れていそうな場所へまっしぐらなのでしょうが、時雨れるかもしれないし、雪道の運転に不安を抱きながらも、何度もアタックするのは何とも酔狂な趣味だなあと思ってしまいます。
    ミッチーさんの地方都市星景もかなり深いじゃないですか。
    記事の文章を読んで、写真の向こう側にあるものを感じることができたときは、思わず「うむ」と唸ってしまいます。
    2019/02/10 12:54 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top