星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2/11-12の岩本彗星 | TOP | 沈みゆくカシオペアとペルセウス >>

2019.02.14 Thursday

凍りついた池と冬の大三角

0

    1/27の晩に長野県・海ノ口で撮影した星空写真です。

    カラマツ並木で曇られてしまった後、最初の撮影場所に戻っても空の状態はあまり変わりませんでした。
    明るい星だけが滲んでいるように見えるだけです。
    でも10分ほど待っても駄目そうなので片付けを始めたら、急に星の輝きが増してきました。



    凍りついた池と冬の大三角


     2019/01/27 21:24  TAMRON SP 15-30mm F2.8 (20mm)
     Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置  ISO4000、F2.8、固定撮影(20秒)
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    急いで機材の準備をして真っ先に撮影したのがこれです。
    凍りついた池越しに見えた ”冬の大三角” です。
    でも雪が積もっているので池だとは分かりませんね。

    冷静に画像を見ると、低空は街明りなどの影響がありますね。
    明るいだけでなく、色合いに偏りが見られます。
    右端は清里のスキー場の照明でしょう。
    それらが気になることもあって、色合い調整がどうもうまくできません。



    凍りついた池と冬の大三角


     2019/01/27 21:51  TAMRON SP 15-30mm F2.8 (20mm)
     Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置  ISO3200、F2.8、追尾撮影(60秒)
     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


    ポタ赤で追尾撮影しました。
    たっぷり露光したので、星空はくっきり調に仕上がりました。
    淡い冬の銀河(天の川)も写っています。
    でも星空の色合い調整がどうもしっくりきません。

    60秒の追尾撮影なので、地上風景は少しブレています。
    しかもディフュージョン・フィルターを使っているので、さらにぼやけています。
    1枚撮りなので、そのあたりにしわ寄せがきています。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top