星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 西の空に傾いた冬の大三角 | TOP | 2/26の晩の岩本彗星 >>

2019.02.25 Monday

みずがき湖の湖岸から

0

    2/11の晩に山梨県・みずがき湖で撮影したものです。

    この写真は何故撮ったのか、実はよく覚えていないのです。
    星景写真として、一時的に撮影するものが無くなってしまった頃だと思います。
    ”さそり” が昇ってくるのはまだまだで、低空に嫌な感じの雲が流れてくるなあと思った記憶はあります。

    そこで、それらを使って、みずがき湖を背にして湖岸から南側を眺めた様子をご紹介しようと思います。


    みずがき湖の湖岸から南西方向の風景


     2019/02/12 03:03  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(240秒)
     EOS 6D RAW、ISO1250  山梨県・みずがき湖にて


    主に見えている星座は ”うみへび” ですが、とても長いので西側半分ほどしか写っていません。
    という訳で、夜の風景写真として仕上げてみました。

    湖岸との間には白い柵がありますが、3ヶ所ほど切れていて湖岸に出ることができます。
    これは湖岸から南西方向を撮ったもので、オレンジ色の明かりはトンネル手前の街灯とトンネル内部のものです。
    ちょうどその方向に広い駐車場があります。
    左側にビジターセンターの一部が見えています。


    みずがき湖の湖岸から南東方向の風景


     2019/02/12 03:09  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(240秒)
     EOS 6D RAW、ISO1250  山梨県・みずがき湖にて


    少し西側に移動して、南東方向を撮ってみました。
    中央にビジターセンターが見え、その少し先に女神像や牡鹿像があります。
    こちら側にもトンネル手前に街灯があり、まわりの木々をオレンジ色に染めています。
    そのオレンジ色に染まった木々が、オリオン座の燃える木星雲のように見えます。
    そのあたりにも小さな駐車場がありますが、鹿がたくさんいたのを見たことがあり、それからはあまり近寄らないようにしています(半分冗談です)。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top