星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 女神像と大小の柄杓(ひしゃく) | TOP | 女神像と昇ってきた夏の銀河(天の川)、そして木星 >>

2019.03.25 Monday

星野写真(60Da、100mm) かみのけ座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「かみのけ座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・Mel.111 : 散開星団 γ星付近のとても大きな散開星団です
      ・NGC4565 : 渦巻銀河 (Caldwell Object C38)
      ・NGC4631 : 渦巻銀河 (クジラ銀河、Caldwell Object C32) ※ 星座はりょうけん座
      ・NGC4656 : 渦巻銀河? ※ 星座はりょうけん座

      ・NGC4395 : 渦巻銀河 ※ 星座はりょうけん座
      ・NGC4559 : 渦巻銀河 (Caldwell Object C36)






      撮影日時 : 2019/03/11 23:24〜  300sec×19コマ
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約−2℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      赤道儀 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw11.1 : Raw現像
        ・DSS : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
        ・FlatAidePro : シェーディング補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・Nik Collection (Dfine 2)
      空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(B) 5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この領域は大きな散開星団がポイントです。
    ”Mel.111” という番号が付いていて肉眼でも見えるので、以前はそれに拘って構図を決めていました。
    でも写野の上のほうにある銀河が端のほうになってしまうので、構図を少し北側にずらしてみました。
    うう〜ん、ちょっとずらしすぎましたかねえ。
    メシエ天体はありませんが、かみのけ座ということもあって、形に特徴のある銀河が散在して面白い領域です。


    最近は過去に撮影した画像も使って仕上げることが多いです。
    これは主に背景の荒れ(ざらつきや色ムラ)を低減するのに効果があると思っています。
    しかし今回は構図を少し変えたので、その手法が使えません。
    前から「私の画像処理は背景を荒らしているのでは?」と気になっていたので、その部分に気を付けて仕上げてみました。
    結果を見ると、どうもやはりそうだったようです。


    系外銀河はこの焦点距離では全くの力不足です。
    でも画像を拡大して見て、星々の間に星とは明らかに違うものを見つけたときはとても嬉しいものです。
    写野全体を見ながら処理していると、ついつい大きさや形が分かるような方向に進んでしまいます。
    そうすると、色合いなどのディテールをどんどん壊してしまいます。
    今回は、銀河の色合いなどが少しは表現できたかなと思っていますがどうでしょう?
    その反面、NGC4631のような淡い銀河のあぶり出しが物足りなくなりますが、仕方がないですね。



    NGC4565 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        大きさは満月の半分くらいもあって比較的大きな銀河です。
        真横からみているために薄くしか見えず、エッジオンと呼ばれます。
        渦の中に濃い暗黒物質が見えるそうですが、私の写真では分かりません。
     



    NGC4631、NGC4656 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        どちらの銀河もほぼ真横から見ていることになります。
        とても不思議な格好をしていますが、互いの強い重力の影響だそうです。

        NGC4631は「くじら銀河」と呼ばれていますが、そんなふうに見えますか?
     



    NGC4395 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        ちょっと目に付いた銀河ですが、とても淡いですね。
     



    NGC4559 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        これもちょっと目に付いた銀河です。
        調べてみたら、カルドウェル天体でした。
     


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top