星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ヘールボップ彗星 (1997.03.30) 続き | TOP | ネガフィルムとフィルムスキャナ >>

2011.04.01 Friday

ヘールボップ彗星 (1997.04.01)

0

    14年前のヘールボップ彗星です。

    2日前と同じく、蛇峠山・馬の背に来ています。
    そのときにいた浜松の人も来ており、私と同じく午後から休暇とのことでした。
    考えることは皆同じなんですねえ。


    24mm

     1997/04/01  19:05  FD24mm F1.4→2.0  露出1分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  長野県 浪合村


    近日点通過を迎えました。

    日没後1時間弱の頃で、夕焼けに彗星が映えます。
    左の低空にはうす雲の中に水星(−0.6等)が、左上にはM45(すばる、プレアデス)が見えています。



    MeadeLX200

     1997/04/01  19:43  露出15秒  MeadeLX200-20(F6.3) 直焦点  FUJI SuperHG 1600
     トリミング : 90%×90%  長野県 浪合村


    シュミカセの直焦点で、露出時間をいろいろ変えて撮影してみました。
    15秒では完全に露出不足なのですが、核付近の様子が少しは分かるかと思います。


    MeadeLX200

     1997/04/01  19:41  露出60秒  MeadeLX200-20(F6.3) 直焦点  FUJI SuperHG 1600
     トリミング : 90%×90%  長野県 浪合村


    望遠鏡で見ると、核から前方へ扇型にジェット(?)が出て、それが両側で後方へ伸びていました。
    私の写真では、残念ながらその様子は分かりません。

    シュミカセによる直焦点撮影は2月頃からチャレンジしましたが、最初はピンボケの連続でした。
    さらに経緯台のためか正確な追尾ができず、星像が点になりません。
    それでも、なんとかこんな写真が撮れるまでになりました。



    35mm

     1997/04/01  19:31  FD35mm F2.0→2.8  露出8分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  長野県 浪合村


    3/30からの晴天が意外と続きましたが、そろそろ移動性高気圧の後半になり、空の透明度が落ちてきました。
    自宅を出るときは快晴だったのですが、、、。

    空の透明度が良くなく、低空には薄雲があるようで、写りが悪いです。
    それでも、ダストの尾は肉眼で良く見えました。



    24mm

     1997/04/01  20:02  FD24mm F1.4→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 62%×90%  長野県 浪合村


    意外に続いた晴天のおかげ?で、今日も彗星を見るために遠出をしました。

    近日点を迎えましたが、特に大きな変化はなかったようです。
    ちょっと期待していたのですが、、、。









    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top