星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) へびつかい座領域5 | TOP | 夏の大三角付近の銀河(天の川) >>

2019.06.29 Saturday

星野写真(60Da、100mm) いて座領域5

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「いて座領域5」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M8(NGC6523) : 散光星雲(干潟星雲) → いて座領域(3)
      ・M7(NGC6475) : 散開星団 → さそり座領域(3)





     
      撮影日時 : 2019/06/06 00:36〜  120sec×42コマ
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約+12℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F3.2)
      赤道儀 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw11.1 : Raw現像
        ・DSS : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・Nik Collection (Dfine 2)

      空の暗さ(DE)、透明度(CD)、フォーカス(C) 5段階評価


    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    「いて座」は「南斗六星」だけかと思っていたら、意外と面積が大きいですね。
    そんな「いて座」の右下の部分ですが、写野の右下は「さそり座」になります。
    この領域での主役は銀河(天の川)のモクモクした様子とちりばめたように散在する暗黒帯です。
    2つのメシエ天体が目立ちますが、それらは別の領域での対象にしています。


    この領域は地平高度が低いので、みずがき湖では厳しいかなと思っていました。
    でも何とかなりそうなので、撮影計画を急きょ変更しました。
    ただ撮影開始が少し遅くなってしまったので、最後の数枚は木立が写り込んでいました。

    それはある程度は想定内だったのですが、2つほど大きな失敗をしていました。
    絞りがいつのまにか 4.0 から 3.2 に変わっていたのです。
    暗闇でカメラを操作しているうちに、変えてしまったのだと思います。
    さらにフォーカスが少しずれてしまったようで、特に画像の下側が星像が大きくて青ハロがでていました。
    これの前に撮影したものはOKだったので、チェックをしないでそのまま撮影したのですが、、、。


    途中で薄雲の通過があったようで、8枚ほどボツになりました。
    そして写野の上側と下側では写りにかなりの違いが生じていました。
    背景が明るいのにコントラストが低くて、色合いも違っていました。
    上述のフォーカスの問題も影響したかもしれませんね。
    ボツにしようかとも思ったのですが、次回の撮影のために仕上げてみました。
    やはり暗黒帯が面白い領域ですね。



    部分的に切り出す対象が無いので、「さそり座領域3」と繋げてみました。
    右上のあたりを撮影してさらに繋げてみたい気もしますね。




     








    コメント

    こんばんは〜
    天の川銀河の中心方向に当たるこの近辺は、圧倒的な微恒星と暗黒帯の絡み合いが見どころですね。
    日本からは低い位置になるのが残念なところです。
    2019/06/29 9:33 PM by 悠々遊
    昨晩、ほんのちょっとの間でしたが雲が晴れたので夏の天の川がベランダから綺麗に見えました。しかし、夜中にもかかわらず巣を作っている蜂の警戒音がうるさくなったのですぐに退散せざるをえませんでしたが。早く梅雨が晴れてスカッとした星空を眺めたいものです。
    2019/06/29 11:48 PM by 北杜の犬
    >悠々遊さん、こんばんは。

    はい、まるで雲のようにもくもくした星の集まりと、それに絡み合うような暗黒帯の対比が何とも言えません。
    地平高度が低くでとても撮影しにくいですが、逆にそれが何とか写してやろうという気持ちを湧き起こさせるのかもしれません。
    何て言ったら天邪鬼ですかね(苦笑)。
    2019/06/30 3:12 AM by やまねももんが
    >北杜の犬さん、こんばんは。

    今年の梅雨は昨年とは対照的に曇りや雨の日ばかりですね。
    たまに晴れても昼間で、夜は駄目です。
    夏も少し不順な天気になるかもなんて予報が出ていて、どうなることやら、、、。
    2019/06/30 3:15 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2308

    トラックバック

    ▲top