星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 固定撮影による星景写真の試行錯誤 (3) | TOP | 「アストロフェス IN みずがき」のご案内 >>

2019.07.18 Thursday

固定撮影による星景写真の試行錯誤 (4)

0

    6/5の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。
    地上風景部分と星空部分をマスクを使って合成した星景写真です。


    女神像と牡鹿像と大小の柄杓(ひしゃく)


     2019/06/05  EOS 6D(RAW)  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : 00:00 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : 23:57 ISO5000、F3.5、固定撮影(25秒)、3枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     山梨県・みずがき湖にて


    「女神像」と「牡鹿像」を前景にした ”大小の柄杓(ひしゃく)” です。
    これだけ盛り沢山だと、レンズの焦点距離をかなり短くしないと入りきりません。
    牡鹿像を少し斜めから撮りたかったのです、うまく配置できませんでした。
    この日はときどき、このように低空に薄雲がたなびいていました。
    星景写真では小道具として使えますが、撮影中は気分的にあまりうれしくないですね。


    合成はかなり苦労しました。
    境界のすぐ外側の星空領域に黒っぽいスジが出来てしまうのです。
    これを「選択とマスク」で消そうとすると、副作用が出てしまって、いかにも合成したなという感じになってしまいました。
    さらに、境界付近の汚さを低減させる処理のパラメータなどが、場所によってかなり違ってくるのです。
    あちらを立てればこちらが立たずです。

    マスクの作り方が良くないのではと思って、作り直しました。
    星空部分の画像が1枚の場合の要領で作っていたので、地上風景がブレている部分の扱いが中途半端になっていたのです。
    これによってある程度は見れる状態になったかなと思います。
    結局、まる1日以上も悪戦苦闘しました。
    もうこれ以上は無理です(涙)。


    以下に3カ所を拡大して、ステップごとの様子を示します。
      (1) 地上風景用の画像
      (2) 星空用の画像
      (3) マスク
          ・星空用の画像から作成しています
          ・地上風景はコンポジットでブレるので、そこまで含めてマスクを作成します
      (4) マスクを使って合成した段階
          ・境界のすぐ外側の星空領域に黒っぽいスジが出来てしまいました
      (5) 「選択とマスク」
          ・パラメータを調節してそのスジをできるだけ消します
     
     



    「選択とマスク」
      この別ウィンドウを表示させる方法はこちらをご覧ください。 → 2019.07.11の記事

      不要なカラーの除去
        ・ぼやけた境界にある不要な色のフリンジを除去してくれます。
        ・PS CC 2019 では、除去の強さを替えられます。
        ・私は PS CC 2017 を使っているので、そのスライダーがありません。

        ・ぼかし量を大きくすると効果が大きくなるようです。
        ・しかし副作用もあるので、控え目の設定を探す必要があります。
        ・コントラストやエッジをシフトのパラメータを変えてみると効果的な場合もあります。
     


     








    コメント

    こんばんは。
    合成手法についてはどこまでがOKなのか等、取り組み方は人それぞれだと思っています。
    やまねももんがさんの拘りがとても伝わってくる内容だと感じました。
    正当方でここまで突き詰められるのは物凄いです、驚きました。

    何でもあり路線のブラシワークで誤魔化している身としては、合成星景について記事にしていること自体、お恥ずかしい次第です(苦笑)。
    2019/07/20 7:14 PM by フーマン
    >フーマンさん、おはようございます。

    合成方法に関しては、個人的には、何をどのようにやっているかを明示すれば、かなりのことはOKだと思っています。
    そして、技術的には境界付近の不自然さをいかに低減するかが頑張りどころですね。
    これは思っていた以上に難攻不落で、悪戦苦闘が続いています。
    でも楽しむ気持ちを忘れないことも大切ですよね。
    2019/07/21 4:24 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2313

    トラックバック

    ▲top