星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< PCのリプレース | TOP | 星野写真(60Da、100mm) みずがめ座領域3 >>

2019.10.06 Sunday

4ヶ月ぶりの夜遊び

0

    金曜の晩は、実に4ヶ月ぶりの夜遊びでした。
    6月から9月まではずっと天気がすっきりしなくて、出かける気にもなれなかったのです。
    この新月期も駄目だなあと思っていたのですが、台風から変わった低気圧の寒冷前線が突然の青空をもたらしてくれました。

    20時過ぎにみずがき湖に着くと、すでに4人ほどが機材を設置していました。
    待望の星空に、週末ということもあって、この日はスクランブル発進した人が多かったでしょうね。


    久しぶりの夜遊びは、いろいろとやらかしてしまうものです。
    実は星野写真の構図をプリントアウトしたものを家に忘れてきてしまったのです。
    ノートパソコンで自分のブログに載せてある写野の星図を見ることで、何とか急場をしのぎました。
    フォーカス調整の微妙な感覚はやはりすっかり消し飛んでいました。
    しかも上空は風が強いようで、星像のゆらぎが大きくて、不安を残しながらの撮影になりました。

    星景写真は、ソフトフィルターとしてLeeの2番を使ってみました。
    また露光条件を少し変えてみたのですが、まだまだ試行先後が続きそうです。


    0時半頃から1時間弱ほど雲が広がった以外は、明け方までほぼ快晴でした。
    ”はくちょう” から ”カシオペア” あたりの銀河(天の川)がとてもきれいに見えていました
    気温は15℃ほどで冷え込みは弱かったですが、風が吹いている時は少し寒さも感じました。
    また、この場所では珍しく、星景写真用のカメラが夜露で濡れました。

    明け方には体力の残量が少なくなってきたので、薄明が始まる少し前の4時頃に撤収しました。



    湖面に映った鹿鳴峡大橋の照明


      2019/10/05 01:09  山梨県・みずがき湖にて
      EOS 6D(RAW)、ISO1000、固定撮影(240秒)  EF16-35 f2.8 (28mm、F4.0)


    雲が広がってしまったときに撮影したものです。
    でも露光条件を失敗したりして何度も撮影しているうちに、雲間が大きく広がってきて、普通の星景写真になってしまいました(苦笑)。
    左側に沈みかけている ”はくちょう” が見えています。
    左側の照明が2つも消えていますが、最近は全部が点灯していることがほとんど無いような気がしますね。



    レタッチの作業環境がかなり変わったので、しばらく手探り状態が続きそうです。
    慌てず、騒がず、ぼちぼちと、、、。


     








    コメント

    ももんがさんこんばんは。先日は久しぶりにお会いできて良かったです。きっと色々撮られたことでしよぅ。あのくらいのレベルの晴れ空が数日くらい続くと嬉しいですね。
    二階のテラスからももんがさんのザッザーと歩く音がしていて遅くまで頑張るナート感心しながらこちらも頑張っていました。
    2019/10/06 11:52 PM by こうちゃん
    >こうちゃんさん、おはようございます。

    雲が広がってしまった時間帯がありましたが、その後は星空がまた一段ときれいになりましたね。
    はくちょうからカシオペアあたりの天の川がくっきりと見えていました。
    ケウェウスあたりに撮影したいものがたくさんあるので、次の新月期はしっかり晴れて欲しいです。
    2019/10/07 4:31 AM by やまねももんが
    その日は快晴を期待して久しぶりに乗鞍まで行ってました。25時から晴れて標高2000mの空も凌駕するほどで、沈みゆく白鳥座の濃い夏の天の川からオリオン座の淡い天の川まで見れました!
    2019/10/07 3:42 PM by 北杜の犬
    >北杜の犬さん、こんにちは。

    乗鞍ですか!!!
    太陽コロナ観測所に見学に行ったことはありますが、星空は見たことがありません。
    さぞや凄い星空だったのでしょうね。
    2019/10/07 4:12 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2318

    トラックバック

    ▲top