星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 4ヶ月ぶりの夜遊び | TOP | 台風への備え >>

2019.10.08 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) みずがめ座領域3

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「みずがめ座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC7293 : 惑星状星雲(らせん状星雲、Caldwell Object C63)






      撮影日時 : 2016/08/31 22:50〜 240秒×25枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき山自然公園にて 気温は約9℃

      撮影日時 : 2019/10/04 21:38〜 180sec×28枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約17℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw11.4 : Raw現像
        ・DSS : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
        ・FlatAidePro : シェーディング補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・Nik Collection (Dfine 2)

      空の暗さ(C)、透明度(C)、フォーカス(AB) 5段階評価 2016/08/31
      空の暗さ(D)、透明度(CD)、フォーカス(AB) 5段階評価 2019/06/05



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この辺りの星座は馴染みが無いので、フォーマルハウトから辿っていきました。

    この領域には大きな惑星状星雲である「らせん状星雲」があります。
    惑星状星雲としては異例の大きさですね。
    試写画像を裏面モニターで見たところ、淡いですが存在はすぐに分かりました。


    南側で地平高度がそれほど高くないので、私の撮影地では条件が悪いです。
    しかも時間帯が早いこともあって、空が明るくて透明度もイマイチでした。
    フォーカス調整がかなりうまくいったのが、せめてもの救いです(苦笑)。

    前回の撮影(2016.08.31)と比べると、はっきり言って星雲の写りは良くありませんでした。
      → 前回はこちら
    空の暗さ,透明度,気温のすべての条件が悪かったので、当然と言えば当然の結果です。
    でもボツにするのは勿体ないですよねえ。
    そこで、前回の撮影で不満が残った背景の滑らかさに注力して仕上げてみることにしました。

    まず、前回のものと今回のものをそれぞれコンポジットしてから、グラデーションマスクを使ってかぶり補正を施します。
    そして、その2枚の画像の明るさを合わせてからコンポジットします。
    通常は加算平均するのですが、今回のものが星雲の写りの足を引っ張ってしまいます。
    そこで DSSの「Maximum」でコンポジットしてみました。
    比較明合成と同じですかね?
    理屈の裏付けはないのですが、結果オーライでした。

    街明かり等のカブリの偏りはグラデーションマスクを使った処理だけではなかなか補正しきれません。
    そこで FlatAideProのシェーディング補正に助けてもらっています。
    今回はグローバルな補正とローカルな補正の2段階処理をしてみました。
    後者は拡大表示したときに見えてくる背景の色ムラへの対応です。

    全体としてコントラスト強調は控え目にして、星と惑星状星雲の色合いを大事に仕上げました。
    星雲の写りは前回のものとほとんど差は見られませんが、背景は滑らかになったと思います。

    撮影毎にどうしても構図がずれてしまうので、長辺方向が約98%、短辺方向が約95%のトリミングになっています。



    惑星状星雲としては大きいとはいえ、やはり小さいので、無理を承知で100%表示で切り抜いてみました。

    NGC7293 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        太陽系に最も近い惑星状星雲のひとつで、だいたい満月の半分くらいの大きさだそうです。
        惑星状星雲は色合いがとても綺麗ですね。
        中心部は緑っぽい青色で、その周りを淡い赤色の星雲が取り巻いています。
        中心に見えている星が白色矮星として残った星で、それが放射する紫外線で輝いているそうです。
        私たちの太陽も、あと50億年ほど経つと、このような姿になるのですかね?

        周囲にとても淡い星雲が広がっているように見えるような気がするような、しないような、、、。
     


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2319

    トラックバック

    ▲top