星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< みずがき湖での星景写真 昇ってきた冬の大三角 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ケフェウス座領域1 >>

2019.10.30 Wednesday

みずがき湖での星景写真 昇ってきた冬の大三角 (2)

0

    10/4の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。
    今日ご紹介するのは ”昇ってきた冬の大三角” を主題にした星景写真(その2)です。



    昇ってきた冬の大三角


     2019/10/05  EOS 6D(RAW)  EF16-35 f2.8 (26mm)
     地上風景部分 : 02:44 ISO1000、F3.2、固定撮影(180秒)、2枚
     星空部分 : 02:43 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、3枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


    地上風景として芝生と木々だけにしてみました。
    でも暗くて、ほとんど黒つぶれ状態ですね。
    星景写真の観点からは、少し明かりが欲しいです。
    左側の木々の一部がオレンジ色なのは、トンネルの照明に照らされているためです。

    季節によっては本物の鹿がいてもおかしくないです。
    突然に近距離で鳴かれてびっくりしたことが何度もあります。



    昇ってきた冬の大三角


     2019/10/05  EOS 6D(RAW)  EF16-35 f2.8 (25mm)
     地上風景部分 : 03:04 ISO1000、F3.2、固定撮影(180秒)、2枚
     星空部分 : 03:03 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、4枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


    手前にベンチを配置した構図にしてみました。
    でも暗くてとてもノイジーです。
    得意の企画倒れというやつです(苦笑)。
    星空がきれいなだけに残念です。

    ときどき風が吹くので、木々の枝がゆれてぶれてしまうので、うまく合成ができません。
    こればかりはどうしようもありません。
    この日は珍しく夜露でカメラが濡れていましたが、風が無かったらもっと酷いことになったでしょうね。



    女神像と冬の大三角


     2019/10/05  EOS 6D(RAW)  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : 03:25 ISO1000、F3.2、固定撮影(180秒)、2枚
     星空部分 : 03:24 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、3枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


    ”冬の大三角” の高度が高くなってきて、「女神像」との位置関係も微妙に変わってきました。
    それでも後ろ姿しか選択肢はありませんが、、、(苦笑)。

    エネルギーがだいぶ無くなってきたので、これをラストショットとしました。
    久しぶりにきれいな星空を楽しめて満足です。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top