星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 川上村での星野写真 (8年前の星空) | TOP | 川上村での星空 (8年前の星空) >>

2011.11.23 Wednesday

Photomergeあれこれ

0


    昨日ご紹介した3枚の画像を、PhotoShopCS5のPhotomergeでパノラマ合成してみようと思いました。

    でもパノラマ合成しようと思って撮ったわけではないので、構図も向きもばらばらです。
    だめもとでやってみました。
    レイアウトは自動設定で、歪曲収差の補正有りです。

    できました。



    一見きれいに繋がっているように見えますが本当でしょうか?

    そこで、ステラナビゲータを使って検証してみることにしました。
    星図に35mm広角レンズの写野を表示させて、それを3枚分重ねてみます。
    星図の表示方法は正距方位図法を選んでいるので、写野は少し歪んでいます。
    星図への重ね合わせは手動でやっているので、大雑把です。

    結果は?
    左端の画像が、位置も大きさも合いません。



    あれこれ悩んで、もしやと思いました。
    そしてやってみたのが下です。



    よく合っていますね。
    どうも、3枚目の画像は24mm広角レンズで撮影したもののようです。
    Excelで整理してある写真の台帳をチェックしましたが、35mmレンズと書いてありました(苦笑)。



    でも、本当に正しくパノラマ合成されたのでしょうか?
    そこで、いろいろと実験をしてみました。

    まず、Photomergeには複数のレイアウト方法があります。
    さらに補正の有無も選択できます。
    いろいろな組み合わせで試してみました。

     


      ・自動設定
         ・補正無し → A
         ・補正有り → B
      ・球面法
         ・補正無し → C
         ・補正有り → D
      ・遠近法
         ・補正無し → E
         ・補正有り → F
      ・位置の変更
         ・補正無し → G
      ・コラージュ
         ・補正無し → H
      ・円筒法
         ・補正無し
         ・補正有り



    [1] もともとの画像を使用した場合

      BとDは同じように見えて、Cは僅かに違いが見えます。
      Aはダメです。





    [2] 35mmレンズで撮影した画像を75%縮小した場合

    24mmレンズの対角線画角は84度、35mmレンズの対角画角は63度なので、その比は0.75です。

      パノラマ合成の重なり具合いも、レイアウト方法や補正の有無による差も[1]と同じです。





    [3] 24mmレンズで撮影した画像を35mmレンズ相当にトリミングした場合

      レイアウト方法や補正の有無による差は[1],[2]と同じです。
      遠近法、位置の変更、円筒法がダメです。
      コラージュは微妙ですねえ。





    [4] まとめ

    特に広角レンズを使用した場合は、星野写真では「球面法」が良いと思います。
      球面法では、球面内部にマッピングするように画像を整列および変換するそうです。

    歪曲収差の補正はオンにしたほうが良いのではないでしょうか。
      これは、幾何学ゆがみの(樽型収差、糸巻き型収差、または魚眼型収差)を補正するそうです。

    周辺光量補正はオンにしたほうが良いのではないでしょうか。
      これは、レンズの特性や不適切な陰影でエッジが暗くなった画像の露光量を補正するそうです。

    焦点距離の異なるレンズを使った画像でも、パノラマ合成は可能です。
    Photomerge、恐るべし!


    [3]のDの画像を下に示します。



     








    コメント

    こんにちは。
    正解は『画角が違う』 そうとは全く気付かずに星の配列や星座線の引き方などばかり探っていました(笑)

    しかしPhotomergeの保存版とも言うべき記事ですね。
    やまねももんがさんの探求熱心な事にはホント頭が下がります。
    パノラマしようと思って撮った訳じゃないのに出来るのですね。 恐るべし!
    2011/11/23 5:55 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんばんは。

    皆さんが気付かないのは当然です。
    本人が数日前まで分からなかったのですから(苦笑)。

    今まで設定等はあまり考えずにデフォルトでやっていたので、
    いろいろと遊んでみました。

    それにしても、最近のツールは本当に凄いですね。
    絶えず勉強して取り入れていかないと、浦島太郎になってしまいそうです。
    2011/11/23 6:59 PM by やまねももんが
     画角かぁ。なるほど。画像データに情報が書き込まれている今のデジタル写真と違い、当時はメモだけがたよりですもんね。エクセルで整理されているとは、さすがきちんとした性格のやまねももんがさんですね。でも、8年前のメモ間違いが今頃発覚するとは(笑
     フォトショップの合成、すごくよくわかりました。またもやブックマークです。ありがとうございます。
    2011/11/23 9:50 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    昔はちゃんと現場で撮影ノートに記入していたのですが、今は手抜きになっていますねえ。
    露光時間も、インターバルタイマーが無かったので、ストップウォッチで計っていましたよ。

    ええ、今頃発覚するとは思ってもみませんでした(苦笑)。

    2011/11/24 5:23 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/235

    トラックバック

    ▲top