星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< イルミネーションと星空のコラボ | TOP | 女神像とスピカとからす、そして流星 >>

2019.12.22 Sunday

昇ってきた冬の大三角

0

    12/18の晩に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。


    昇ってきた冬の大三角


     2019/12/18  EOS 6D(HKIR) (RAW)  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : 21:48 ISO1000、F3.2、固定撮影(180秒)、4枚
     星空部分 : 21:46 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、7枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


    「昇ってきた冬の大三角」はこの時期の星景写真の定番です。
    それだけは撮りたかったのですが、雲が沸き始めてしまいました。
    できるだけ雲間がある時を狙って撮ったのですが、”こいぬ座のプロキオン” だけは顔を出してくれることがほとんどありませんでした。

    湖岸に出て撮影しています。
    白い柵を入れたこの構図は結構気に入っています。


     








    コメント

    こんにちは
    いつも拝見しているのですが、コメントの方はご無沙汰しております。
    今回の写真ちょっと気になりましたので、以前の星景写真や他のサイトの画像も見比べてみました。
    やはり以前に比べてベテルギウスの光度が落ちていますね。
    以前はルゲルと比べて、色の違いはあるでしょうが気になるほどの差が無かったと思いますが、この写真では明らかに暗く、むしろベラトリクスに近い明るさにも見えます。
    変光星とはいえ、これまで知られているよりもさらに暗くなっているという情報もあるようですね。
    2019/12/27 10:29 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    コメントに関しては、私もまったく同じです。
    ベテルギウスの明るさは、撮影している時は気づかなかったのですが、改めて写真を見ると暗くなっているのが分かりますね。
    超新星爆発が近いと言われていますが、それと関係が有るのか無いのか、、、。
    2019/12/27 12:00 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top