星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ネガフィルムとフィルムスキャナ | TOP | 池谷・張 彗星 (2002.04) >>

2011.04.04 Monday

池谷・張 彗星 (2002.03)

0

    前にも書きましたが、3月から4月は明るい彗星がよく現れるような気がします。

    ご紹介するのは2002年の「池谷・張 彗星」です。

    2002年2月1日に池谷薫さん(池谷・関 彗星の池谷さんです)とチャン・ターキンさん(中国)によって発見された彗星で、3月から4月に明るくなり、イオンの尾も長く伸びました。



    2002.03.08


     2002/03/08 19:08  FD85mm F1.2→2.8  ガイド撮影(2分)  長野県 野辺山高原
     FUJICOLOR PRO400  トリミング : 90%×90%


    西側に八ヶ岳が見える野辺山高原へ出かけました。
    意外にも誰もいません。
    肉眼では分かりませんでしたが、双眼鏡(7×42)では確認できました。
    中央集光が強く、一見恒星のようですが、なんとなくぼやっとしています。
    上の方向に短い尾も見えます。
    薄明終了時刻は19:07で、それから30分もしないうちに八ヶ岳に沈んでしまいました。




     2002/03/08 19:22  EF200mm F2.8→2.8  ガイド撮影(1分)  長野県 野辺山高原
     FUJICOLOR PRO400  トリミング : 90%×90%


    写真では長い尾(2度程度でしょうか?)が写っていてびっくりしました。
    双眼鏡で見たより、ずっと立派な彗星です。
    透明度は結構良かったのですが、空がとても明るいです。
    天の川も良く見えません。
    野辺山の夜空は、こんなになってしまったのでしょうか?
    −6℃と冷え込みました。




    2002.03.16


     2002/03/16 19:24  FD85mm F1.2→4.0  ガイド撮影(2分)  長野県 野辺山高原
     FUJICOLOR PRO400  トリミング : 90%×90%


    近日点通過の3日前で、太陽との距離は0.51AU(天文単位)です。
    地球との距離もそれほど遠くありません。
    双眼鏡(7×42)では、前回より明るく、尾もはっきり見えました。
    肉眼では見えるような、見えないような。
    でも写真の写りが思ったほどではありません。
    前回よりも空の透明度が良くなかったようです。

    18時ごろに着いた時には、車が10台ほど来ていました。
    ヘールボップ彗星の時もそうだったなあと思い出しました。




     2002/03/16 19:24  EF200mm F2.8→4.0  ガイド撮影(2分)  長野県 野辺山高原
     FUJICOLOR PRO400  トリミング : 90%×90%


    前回よりも、尾が太く長く伸びています。
    もう少し地平高度が高ければ、もっと良く写るのですが、ちょっと残念です。
    気温は1℃程度で、あまり冷え込んでいません。 


    天文写真は久しぶりで、さらにこのネガフィルムはあまり使ったことがありません。
    露出不足の写真をたくさん撮ってしまい、少し見にくい画像になってしまいました。









    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top