星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あけましておめでとうございます | TOP | 「動物愛護管理法」改正のその後 >>

2012.01.02 Monday

昨年最後の北天ぐるぐる

0


    昨年の12月は、皆既月食やふたご座流星群など、月の前半に星見が集中しました。
    この期間は半月よりも月が明るかった時です。

    後半は新月期で天気が良い日が多かったのですが、ちょっと疲れ気味でなかなか夜遊びに出かける気になれませんでした。
    でも、12/27には近所で細い月と金星が寄り添った姿を撮影しました。
    空がとても澄んでいて、刻々と色合いが変化する夕暮れの空がとてもきれいでした。
    それと共に、きれいな星空を見たいという気持ちが高まってきました。

    大掃除もほぼ終わった12/30に、夕食を食べてから出かけました。
    場所は、長野県富士見高原の井戸尻遺跡公園です。
    ときどき、「ちょっと散策」のカテゴリで風景写真などをご紹介しているところです。

    着いた時には、月がちょうど沈んでいくところでした。

    今日ご紹介するのは、連続撮影して比較明合成した「ぐるぐる写真」です。


    北天のぐるぐる

     2011/12/30 22:19  Tokina10-17mm(12mm) F3.5→3.5  固定撮影(600秒) 14枚を比較明合成
     EOS KissX3 JPEG、ISO200  長野県・富士見高原 井戸尻遺跡公園にて


    ”北斗七星” が昇ってきて、”カシオペア” が高度を下げていきます。

    ここは井戸尻遺跡公園で、左寄りの所には復元された古代住居が見えます。
    左端の建物は遺跡資料館です。
    ハスやスイレンの池(田?)があって、7月から8月はきれいな花が楽しめるところです。

    今夜は、思わぬ所を車が通っていきました。
    赤い光がうねうねしているのは、私が撮影で歩き回ったときのマグライトの光です。

    いつもは兄弟猫を撮っているカメラなので、設定をJPEGのままで撮影してしまいました。
    昨年最後の失敗ですかね。










    コメント

    明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

    これぐらい広角で長時間露光だと北天ぐるぐるって感じが出ますね!Tokina10-17mmは安価ながらシャープなレンズみたいですね〜。
    2012/01/02 3:44 PM by hana
    >hanaさん、こんにちは。

    こちらこそ、よろしくお願いします。
    北天ぐるぐるは、いつもこのカメラとレンズで撮っています。
    視野が広くて、絞り開放でもあまり不満がないので気に入っていますよ。

    そちらは、また雪が続くようですね。
    こちらは天気は良いですが、平年よりも寒いです。
    2012/01/02 4:22 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    広い視野で気持ちのいいグルグルですね。

    昨年というと、まだ何となく妙な違和感があったりしますが、もうとっくに新年なんですねえ…、早く慣れなければ(^^;)
    2012/01/02 7:16 PM by さとう
    >さとうさん、こんばんは。

    ぐるぐるには、このレンズが気に入っています。
    昔は天文写真にズームレンズなんてと思っていたのですが、時代が変わりましたね。
    写野を調節するのに、ズームレンズは便利です。

    昨年の撮影なのですが、3日前なのですよね。
    2012/01/02 7:44 PM by やまねももんが
     こんばんは。
     みごとなぐるぐるですね。
     こういう写真、クリックして大きな写真が見られるのはうれしいですね。
    2012/01/03 11:29 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    ぐるぐる写真は、どこで撮っても面白いですね。
    この夜も、レンズが曇る心配はまず無かったので、安心して放置しておけました。
    いつも遭遇する巡回のパトカーも来ませんでしたよ。
    2012/01/04 5:41 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top