星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 昨晩の地震 | TOP | ヘールボップ彗星 (1997.04.10) 続き >>

2011.04.10 Sunday

ヘールボップ彗星 (1997.04.10)

0

    14年前のヘールボップ彗星です。

    この年の4月上旬は、1週間ほど天気がぐずついてやきもきしました。

    4/7は、南岸沿いを低気圧が発達して進み、その後を寒気を伴った低気圧が追いかけていました。
    西の方は晴れる可能性があるので浪合村に向かったのですが、途中も含めてずっと雨でした。
    寒気を伴った低気圧は曲者です。

    4/8の午前中は低気圧と低気圧の間のつかの間の晴れでしたが、昼前からすじのような雲が広がってきてしまいました。
    野辺山高原へ行ってみましたが、べた曇りでした。
    開拓記念碑から少し入ったところに車が停まっていたので行ってみたら、国立と府中から来たという人たちでした。
    今日はだめですねと言って別れました。


    4/10は、北海道付近の低気圧が発達して一時的に冬型となり、天気が急速に回復しました。
    多くの人がスクランブル出動したことと思います。

    私は午後休にして、野辺山高原に急ぎました。
    甲府付近はひどい春霞でしたが、野辺山はそれほど悪くはありません。
    先日ここに来ていた人もやって来ました。


    24mm

     1997/04/10 19:05 FD24mm F1.4→2.0  固定撮影(30秒)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  野辺山高原


    八ヶ岳を背景に彗星を撮影したかったので、野辺山高原へ出かけたのです。
    日没からまだ1時間弱ですが、彗星はすでに肉眼ではっきり見えます。

    隣りの人に、水星も見えると教えてもらいましたが、写真を撮ろうと思っていたら、空が暗くなる前に八ヶ岳に沈んでしまいました。



    35mm

     1997/04/10  19:36  FD35mm F2.0→2.8  露出5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  野辺山高原


    西から東のほうへ、ときどき雲が流れて行きます。
    開拓記念碑のところで撮影していますが、近くでは数人がそれぞれのスタイルで撮影しています。

    すでに氷点下に冷え込んでいます。
    でも、この冷え込みのおかげで空がきれいです。



    24mm

     1997/04/10  19:55  FD24mm F1.4→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  野辺山高原


    彗星の頭部のすぐ上で、イオンの尾の中に見える明るい星はペルセウス座の変光星アルゴルです。(これも隣りにいる人に教わりました。)

    月が雲に隠れると尾が良く見えるので、三日月の影響は思ったより大きいです。
    ダストの尾は肉眼で10度ほど見え、イオンの尾もかすかに見える気がします。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top