星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ヘールボップ彗星 (1997.04.10) | TOP | 1ヵ月が過ぎて >>

2011.04.11 Monday

ヘールボップ彗星 (1997.04.10) 続き

0

    14年前のヘールボップ彗星です。
    昨日の続きです。


    50mm

     1997/04/10  20:38  FL50mm F1.8→2.8  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  野辺山高原


    八ヶ岳を背景に彗星を撮りたかったのですが、やっと晴れました。
    今日はどれだけの人がスクランブル出動したことでしょう。
    先日ここで出会った多摩ナンバーの人も来ていて、私の隣りで撮影しています。

    寝ていた尾がだんだん立ってきました。
    21時で−5.8℃と寒いです。
    甲府付近はひどい春霞だったのですが、ここはまだ冬です。
    透明度も悪くないです。



    200mm




     1997/04/10  19:33  EF200mm F2.8→2.8  露出10分(ノータッチガイド)  2枚をコンポジット
     FUJI SuperG ACE 400  トリミング : 75%×75%  野辺山高原


    200mm望遠レンズで撮影した写真です。
    下は、モノクロにして反転させてみました。
    イオンの尾の複雑な構造がよく分かります。

    近日点通過後の今が、この彗星の旬でしょう。

    ゆるやかにカーブを描いた幅広いダストの尾と、直線的に伸びた複雑な構造の青いプラズマの尾が対照的です。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top