星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 春を待ちわびる | TOP | 冬晴れの昭和記念公園 >>

2012.02.01 Wednesday

ヘールボップ彗星 (1997.02.01)

0


    15年前のヘールボップ彗星です。

    南岸を低気圧が通って八王子では20時から22時に雨が降りましたが、24時には快晴になりました。
    まだ明け方でも月が沈みませんが、彗星の地平高度が高くなってきたので、出かけました。
    2月から3月は彗星は明け方に見えたので、夜中過ぎに出かけて、帰宅してすぐ会社に行くという日々が続きます。

    この年の1月の上旬に、赤道儀(タカハシのEM10)を購入したのですが、この日に初めて使いました。
    メタル三脚はとても使いやすく、極軸望遠鏡も組み込まれているので、慣れると10分ほどでセッティングができそうだと感じました。


    24mm

     1997/02/01  5:28  FD24mm F1.4→2.0  露出2分(ノータッチガイド)  トリミング : 83%×83%
     FUJI SuperG ACE 400  山梨県 高根町にて


    彗星は4:30頃に昇って来ました。
    下弦の月がかなり邪魔ですが、高度が増すにつれてしっかり見えてきました。
    夏の大三角が見え、彗星はわし座のアルタイルの左斜め上にいます。
    わし座のζ星(3等星)が肉眼では見えなかったので、それより明るいことになります。
    双眼鏡ではダストの尾が見え、右上の方へ曲がっていました。

    この場所は前回の帰りに見つけたもので、見晴らしがとても良いです。
    彗星の高度は7度程度ですが、楽々見えます。
    左の方が明るいのはスキー場(2ヶ所)の照明です。

    写真を見直してみると、農道がまだ舗装されていませんね。


    85mm

     1997/02/01  4:34  FD85mm F1.2→2.0  露出2分(ノータッチガイド)  トリミング : 90%×90%
     FUJI SuperG ACE 400  山梨県 高根町にて


    昇ってきた直後の彗星です。
    高度が非常に低いにもかかわらず、一目で彗星と分かりました。
    中望遠レンズで撮影したものです。

    気温は−7℃と冷え込みましたが、撮影している時は寒さはほとんど感じません。
    薄明は5:10から始まりますが、5:30を過ぎても肉眼で見えていました。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top