星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 八ヶ岳とカシオペア | TOP | 月明かりの星景写真 >>

2012.02.07 Tuesday

ヘールボップ彗星 (1997.02.07)

0


    15年前のヘールボップ彗星です。

    先日、明け方のガラッド彗星を撮影しましたが、ヘールボップ彗星も明け方に撮影しました。
    撮影場所も近くです。
    地平高度はずっと低かったですが、明るさは比較にならないほどでした。

    撮影はネガフィルム(FUJI SuperG ACE 400)を使っています。


    24mm

     1997/02/07  4:39  FD24mm F1.4→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  山梨県 大泉町にて


    彗星の地平高度が低くて、低空のもやと街明かりなどの影響が避けられません。
    いつもの場所では、八ヶ岳から東方向に雲が伸びていて、彗星の方向だけいつも雲がいる状態でした。
    そこで、場所を少し移動して道端で撮影することにしました。
    東側に空き地があり、北東方向の視界も悪くありません。(この後ここを利用することが多くなりました)。

    夏の大三角のうち、はくちょう座のデネブは雲にかくれてしまっています。



    85mm

     1997/02/07  5:15  FD85mm F1.2→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  山梨県 大泉町にて


    中望遠レンズ(85mm)で撮影しています。
    はくちょう座γ星(2.2等)より明るいようです。
    尾は肉眼では見えませんが、双眼鏡では太い尾が良く見えます。 (ダストの尾が見えていると思います。)
    彗星は夏の銀河(天の川)の中にいるので、背景がもやもやしています。



    24mm

     1997/02/07  5:21  FD24mm F1.4→2.0  露出2.5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  山梨県 大泉町にて


    彗星の高度が高くなるにつれて、雲も無くなってきました。
    夏の銀河(天の川)もうっすらと写っています。
    1週間前と比べて、イオンの尾が伸びてきたような気がします。



    200mm

     1997/02/07  4:51  EF200mm F2.8→2.8  露出5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 60%×90%  山梨県 大泉町にて


    彗星撮影のために、200mmの望遠レンズを買いました。
    まずは、ピント出しのテストです。
    ∞のマークより少し手前が良さそうですが、まだピンボケです。
    オートフォーカス用レンズは、ピント出しがとても厄介です。
    写真ではイオンの尾がはっきり写るようになってきました。









    コメント

    こんにちは。
    イオンとダストのテイルが綺麗にわかれているのがわかりますね。色も全然違うし。

    そう言えばやまねももんがさんは、銀塩のズームレンズはどのようにしてピントを合わせていらっしゃったのですか? 今みたいに試し撮りもできませんね。
    2012/02/07 1:22 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    200mmの望遠レンズは、最初はフォーカスリングを少しずつ動かしてテスト撮影をしたのです。
    そのために、フォーカスリングに方眼紙を切って貼り付けたりしました。
    でも、実写の結果は日によってまちまちでした。

    その後は、全てのレンズで昼間に遠景に対してオートフォーカスで合わせておき、テープで止めておきました。
    広角レンズはこれでOKです。
    望遠レンズはイマイチでしたね。
    どうも気温によって微妙にフォーカスが変化してしまうようです。
    2012/02/07 2:51 PM by やまねももんが
    こんばんは。

    私も同じ頃、明け方のへール・ボップ彗星を撮っていました。
    EM-200にPentaxのSDUFを載せて撮っていたのですが、現像後、太いダストテイルがしっかり写っているのを見て、これは期待通り大彗星になるぞと嬉しくなったものです。
    怖かったのは、撮影地までの道のり。
    いちばん寒い頃で、ツルツルに凍っていました。
    恐る恐るハンドルを握っていたことを覚えています。
    2012/02/07 5:58 PM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんばんは。

    この頃からは、日増しに成長していきましたよね。
    いろんなレンズで撮影して楽しんでいました。
    またこんな彗星を追いかけてみたいです。

    このころはもうそちらにいらしたのでしょうか?
    路面凍結は怖いですよね。
    2012/02/07 6:58 PM by やまねももんが
    こんな見事な彗星が現れたら、毎日でも撮影に行きたくなるでしょうね。寝不足になりそうです。
    2012/02/08 12:05 AM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    はい、週に1〜2回は撮影に出かけていました。
    私もまだ若かったですねえ、帰宅してそのまま会社へ行っていましたよ。
    また、こんな大彗星が現れて欲しいです。
    2012/02/08 5:49 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top