星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 昨日のガラッド彗星 | TOP | 北の空の星たち >>

2012.02.22 Wednesday

沈みゆく冬の星座

0


    2/19の晩の星空写真です。

    この日の狙いは、ガラッド彗星と明け方の夏の星座でした。
    そして場所はみずがき湖に決めました。
    でも、冬の星座が沈んでいくところを撮りたくて、早めに出かけていつもの高根町に来ました。
    (別の場所も狙っていたのですが、途中の道がアイスバーン状態のようなので諦めました。)

    今夜の星空写真は、コントラストをあまり高めずに処理しています。
    と言うか、コントラストを高くしていくとうまく絵作りが出来なかったのです。



    冬の大三角

     2012/02/19 23:50  EF24mm F1.4→2.5  フィルター(Lee#3、レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


    冬の大三角が南西の空で高度を下げています。
    そろそろ冬の星座も見納めでしょうか?
    空の透明度が良いようで、星空がきれいです。
    今夜も−10℃近くに冷え込んでいます。



    冬の大三角

     2012/02/19 23:54  EF24mm F1.4→4.0  フィルター(Lee#3、レンズの後ろ)  固定撮影(600秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO200  山梨県・高根町にて


    同じ構図で10分間の固定撮影をしました。
    Raw現像のパラメータも、それぞれの特徴に合わせて微調整しています。

    月初めに来たときは、田んぼに雪があったのですが、すっかり無くなっていました。
    着いた時は真っ暗に感じたのですが、目が慣れてくると街明かりの影響が分かります。
    でも今夜は、空の透明度が良いようで、暗く感じました。



    沈みゆく冬の星座

     2012/02/20 00:14  EF15mm F2.8→2.8  固定撮影(30秒) フィルター(Lee#3、レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


    晩秋から冬の間、ずっと楽しませてくれた冬の星座が西の空で沈んでいこうとしています。
    今シーズンはこれで見納めでしょうか? もう一度くらいはチャンスがあるでしょうか?

    最近は、ついつい ”アルデバラン” に目が行ってしまいます。
    まあ当たり前ですが、いつもの明るさでした。



    沈みゆく冬の星座

     2012/02/20 00:16  EF15mm F2.8→4.0  固定撮影(600秒) フィルター(Lee#3、レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO200  山梨県・高根町にて


    同じ構図で10分間の固定撮影をしました。
    Raw現像のパラメータも、それぞれの特徴に合わせて微調整しています。

    冬の星座はいつ見ても華やかですねえ。
    一等星が7つもあるのですから。









    コメント

     なるほど、一等星7つですね。冬のダイアモンドの6個プラス冬の大三角形のペテルギウス。ひとつひとつ指折り数えたら、最初、8個ありました。何が余計なんだろうとネットで調べたら、カストルが1.6等星で、2等星でした。カストル、おしい!
     冬の夜空はにぎやかでいいですよね。
    2012/02/23 11:08 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    そうなんです。
    ふたご座は、兄(カストル)の方が少し暗くて一等星ではないのですよね。

    賑やかな冬の星座が沈んでいくと、
    今度は夏の銀河(天の川)ですね。
    2012/02/23 11:32 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top