星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 3日前のガラッド彗星 | TOP | ごん太の思い出  袋が大好き >>

2012.03.02 Friday

ヘールボップ彗星 (1997 2/27、3/2)

0


    15年前のヘールボップ彗星です。

    日々成長していく姿が見たくて、月が明るい夜でも出かけていました。
    月明かりでも、尾が写真に写せたり肉眼でも見えたのだから、凄い彗星だったのですね。
    またこんな大彗星がやってきて欲しいです。



    1997.02.27
    24mm

     1997/02/27  5:06  FD24mm F1.4→2.0  FUJI SuperG ACE 400  露出5分(ノータッチガイド)
     山梨県 高根町にて  トリミング : 80%×90%


    上の方の明るい星は ”こと座のベガ” で、真ん中で左寄りの明るい星は ”はくちょう座のデネブ” です。
    彗星はデネブの右下に見えていて、デネブよりも明るいですね。

    双葉SAまでは雲っていましたが、高根町に3時半頃に着くと晴れていました。
    月齢19の月が明るくて、透明度は良く分かりません。
    気温は−1℃で、この時期としては暖かいです。
    月明かりのためか、彗星は前回とあまり変わりがないように見えます。
    明け方に見える時期としては、今が地平高度が最も高いです。

    帰宅してカメラボックスを開けたら、カメラの裏ブタが少し開いていました。
    幸い、フィルムにはほとんど影響は無かったようで良かったです。



    1997.03.02
    24mm

     1997/03/02  4:46  FD24mm F1.4→2.0  FUJI SuperG ACE 400  露出4分(ノータッチガイド)
     山梨県 高根町にて  トリミング : 90%×90%


    はくちょう座の銀河(天の川)が、少し赤っぽく写っています。
    その下に、尾を伸ばした彗星が見えます。

    下弦の月がありますが、尾が肉眼で見えているようです。
    双眼鏡では核が目立ち、右側から右斜め上の方向にジェットのような明るい部分が見えます。
    そしてイオンの尾は幅が広く、上の方へまっすぐ伸びています。

    風はほとんど無く、気温は−6℃程度です。
    週末だからでしょうか?、北東と北のスキー場の明りが目立ちました。










    コメント

    カメラのうら蓋が開いていたことなど、15年前のエピソードをよく憶えていらっしゃいますね。何かにメモしていらっしゃるんでしょうか?
    2012/03/02 8:34 PM by まるこう
    >まるこうさん、こんばんは。

    自分のPCにホームページを作ってあるのです。
    写真を整理する目的で作ったもので、今日の記事はそこから引用しています。
    2012/03/02 9:52 PM by やまねももんが
    百武彗星にこのヘールボップ彗星と、この頃は大彗星が連続でやって来ましたね。
    玄関前の街灯の明かりにも負けない姿を、双眼鏡で眺めていた記憶があります。
    2012/03/02 11:08 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、おはようございます。

    ええ、2年続けての大彗星でしたね。
    悠々遊さんもご覧になったのですか。
    私は百武彗星ですっかり天文少年?に戻ってしまったのです。
    またこんな大彗星が見たいですね。
    2012/03/03 6:16 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top