星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< いつもの北天ぐるぐる | TOP | 昇るししと火星 >>

2012.03.05 Monday

ヘールボップ彗星 (1997.03.05)

0


    15年前のヘールボップ彗星です。

    移動性高気圧が張り出してきて快晴でした。
    いつもの高根町に3時過ぎに着きました。
    気温は−1℃程度でときどき強い風が吹いています。
    彗星の位置が北になってきて、北東方向のスキー場の明りが影響するようになってきました。

    月齢24の月がありましたが、肉眼で尾が見えました。
    3度から5度程度の長さでしょうか。
    写真と比較すると、ダストの尾のようです。


    24mm

     1997/03/05  4:37  FD24mm F1.4→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     山梨県 高根町  トリミング : 80%×90%


    広角レンズでも絵になるのですから凄い彗星です。
    イオンの尾は、写真では北アメリカ星雲まで達しています。
    2月中旬から同じような構図で撮っているので、彗星の移動と成長ぶりが良くわかります。



    85mm

     1997/03/05  4:47  FD85mm F1.2→2.0  露出5分  FUJI SuperG ACE 400  2枚をコンポジット
     山梨県 高根町  トリミング : 90%×90%


    長く伸びたイオンの尾の先に、北アメリカ星雲が写っています。
    彗星は夏の銀河の下を沿うように移動しているので、写野に星雲や星団がよく入ってきます。



    200mm

     1997/03/05  4:37  EF200mm F2.8→2.8  露出10分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400  2枚をコンポジット
     山梨県 高根町  トリミング : 76%×86%


    イオンの尾は10度以上の長さがあり、しかも頭部から広い角度で何本も出ています。
    ダストの尾もだいぶ成長してきました。
    頭部からのダストの伸び方は一様でなく、この様子はあまり変化がありません。



    MeadeLX200

     1997/03/05  4:40  MeadeLX200-20(F6.3) 直焦点  露出2分  FUJI SuperHG 1600
     山梨県 高根町  トリミング : 90%×90%


    望遠鏡で見ると、核がやや細長くて、片側半分(右側)にジェットが吹き出していて、そのまま尾となっていました。
    この写真でも、雰囲気だけは分かります。
    そんな様子が、望遠鏡を通して目で見えるのだから、凄い彗星です。









    コメント

     やまねももんがさんのストックもすごいですねぇ。よく考えてみたら、何年か前の同じ日の写真がさっと出てくるなんてすごいですね。整理べたな私には考えられません。フィルム写真は整理とか大変じゃないですか?
    2012/03/05 10:42 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    私も、そろそろ底が尽きそうですよ。
    これらは、自分のPC内でホームページ形式で整理してあるものです。
    星空の部屋、ごん太の部屋、海と空の部屋、等々があります。
    もう10年以上も前からやっていたものです。
    フィルム写真も、スキャナで読み込んでデジタル画像になっていますよ。
    2012/03/06 5:35 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top