星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ブラッドフィールド彗星 (2004.04.25) デジタルカメラの威力を思い知らされました | TOP | 彗星が昇ってくる前に (7年前の星空) >>

2011.04.26 Tuesday

ヘールボップ彗星 (1997.04.26)

0

    14年前のヘールボップ彗星です。

    満月が過ぎて、2週間ぶりに出かけました。
    この2週間は、月が明るいので出かけるつもりはなかったです。
    だから、天気等を気にすることもなく、ゆっくり過ごしました。

    と言いながら、実は前日も出かけたのです。
    午前中は快晴でしたが、寒気のために午後から雷雲が発生しました。
    野辺山高原では、北西方向に雲の切れ間があるものの、雲間は広がりませんでした。

    この日は、移動性高気圧に覆われて一日中ほぼ快晴です。
    野辺山高原 に出かけました。
    夕方に少し雲が出ましたが、日が沈むと無くなりました。
    風が無く、透明度は最良ではないです。


    24mm

     1997/04/26 19:30  FD24mm F1.4→2.0  固定撮影(30秒)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  野辺山高原


    日没から1時間ほどが経ちました。
    空にほんのり明るみが残っています。

    八ヶ岳には、まだまだ雪が残っています。
    土曜日なので彗星を見に来ている人が多く、10組ほどいました。



    24mm

     1997/04/26  19:45  FD24mm F1.4→2.8  露出4分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  野辺山高原


    2週間ぶりですが、ダストの尾はまだ10度弱見えています。
    イオンの尾は双眼鏡でも見えなくなりました。
    オリオンが沈もうとしており、彗星の背景もずいぶん変わってきました。

    この辺りでも農作業が始まり、20時過ぎまで働いていました。
    でも、まだ氷点下に冷え込みます。



    24mm

     1997/04/26  20:14  FD24mm F1.4→2.0  固定撮影(1分)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 83%×83%  野辺山高原


    1分間の露出で固定撮影しました。
    これだけの大彗星になると手軽に写した方が絵になるようです。
    もっといろいろな背景で写してみたかったのですが、そろそろ見納めが近いです。

    八ヶ岳の稜線の灯りは山小屋でしょうか?



    85mm

     1997/04/26  20:42  FD85mm F1.2→2.0  露出2分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  野辺山高原


    頭部が沈む直前です。

    頭部が沈むところはちょっと感動的でした。
    核は隠れるまでキラキラ輝いてはっきり見え、その後しばらく尾だけが見えていました。


    85mm

     1997/04/26  20:44  FD85mm F1.2→2.0   露出2分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     トリミング : 90%×90%  野辺山高原


    撮影中に核が山影に隠れました。
    隠れた瞬間は、はっきりと分かりました。









    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top