星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ブログランキングへの参加をやめました | TOP | 井戸尻遺跡公園を散策 >>

2011.05.21 Saturday

亀甲苑のチビ太君

0


    亀甲苑の猫のチビ太君が3月に亡くなったことを知りました。
    とても残念です。



      ペットという言葉はあまり好きではありませんが、、、。

    猫のごん太を失った後、しばらくはペットロスに陥りました。
    私よりも妻のほうが深かったようです。




    家族として一緒に生活してきたわけですから、その家族を失って悲しむのは当然です。
    しばらくは、ごん太のことを思い出すと、目に涙が溜まっていました。

    でも、ただ悲しいというだけではなく、もっと何かできなかっただろうかという後悔の気持ちが強かったです。

    フードの選択から体調のチェックや動物病院へ何時連れて行くかなどの判断は、飼い主が行なわなければなりません。
    動物は体の不調をなかなか表に現しません。
    だから、おかしいかな?と思ったときにはかなり悪くなっていることがあります。
    また、猫は動物病院へ連れていかれること自体がかなりのストレスになるそうです。
    だから、その時々でとった行動や判断したことを、後になって良かったのかなと悩むのだそうです。

    ごん太の主治医さんは、私たちにもずいぶん気遣ってくれました。
    ありがとうございました。


    かなりの部分は時間が解決してくれました。
    2ヶ月ほどして(2年前の4月末です)、猫に触れたくなって池の平牧場の「亀甲苑」へおじゃましてみました。
    「ようこそ女将猫」で紹介された「チビ太」君と「ねずみ」君がいる民宿です。


    「チビ太」君は、膝の上にのってくる人懐っこい猫です。






    「ねずみ」君は、20才目前?の長寿猫です。
    ちょっと気難しいと言われましたが、そんなことはなくて、夕食をおねだりに来ました。






    おじゃました日は、休日の合間のためか、宿泊は私たちだけでした。
    日向ぼっこしながら「チビ太」君と遊んで、ゆったりした時間を過ごさせて頂きました。
    そして、ここは食事がとても美味しいです。
    鳥(名古屋コーチン)が絶品です。
    ご主人も女将さんもとても気さくな方で、またいつか行きたいと思います。

    泊りがけで、星空を見にいきたいなあ。
    ヘールボップ彗星を見た蛇峠山の近くだから、きっとすごい星空でしょう。


    亀甲苑 → http://www.ikewon.com/


    チビ太君は12歳だそうですが、ごん太と重なる部分が多くて、ちょっとショックです。
    遊んでくれて、ありがとうね。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top