星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 満月の夜(続き2) | TOP | 富士山と冬の星座(続き) >>

2011.02.26 Saturday

富士山と冬の星座

0

    今週の初めは、冬型が緩んで移動性高気圧がやってきましたが、もう春霞なんだろうなあと思っていました。
    22日の朝はきれいな青空でした。
    で、そのとき気づきました。
    山中湖のパノラマ台で、月夜の富士山を撮影するには絶好のチャンスだった!
    春は天気の変化が早いのですが、意外にも午後になっても空の青さはあまり衰えません。
    で、突然ですが「パノラマ台」へ出かけました。



    富士山と沈みゆく冬の星座

     2011/02/22 22:52  Tokina10-17mm(10mm) F3.5→5.6  EOS KissX3 RAW、ISO400
     固定撮影(露出119秒、インターバル1秒)  49枚を比較明合成  山中湖 パノラマ台にて


    着いたのは22時少し前で、そのころは富士山はほとんど見えませんでした。
    月の出は22時20分ごろです。
    目が慣れてきたせいもあって、雪を被っているのが分かるようになりました。

    構図を決めて露光開始。
    そのうちにどんどんよく見えるようになってきました。
    狙い通りです。
    東側は明神山があるので、月が見えたのは23時半ごろだったでしょうか?

    富士山のすぐ上の明るい点は流星?です。
    すう〜と流れて、最後に弾けました。

    パノラマ台からの写真は何度も撮影しているのですが、なかなか満足のいくものが撮れません。
    富士吉田と御殿場の街明かりの影響がとても大きいのです。
    だったら、月明かりの晩に撮影してみようと、前から考えていました。
    週末ではありませんが、思い切って出かけて良かったです。

    119秒露光,1秒のインターバルで、98分の軌跡です。





    これは、上の写真で途中の5枚を比較明合成したものです。
    星座の形は、この程度が見やすいでしょうか?

    周りの枯れススキにはまだ月の光が当たっていないので、暗く感じます。


    パノラマ台までの道には雪が無く、駐車場には車が3台停まっていました。
    寝ているようなので、明朝の富士山狙いでしょうか?
    その後、数台やってきて、数台出て行きました。

    私は裏手を少し登って、車のライトの影響が無い場所で撮影します。
    −13℃まで冷え込みましたが、風が無いので、あまり寒く感じませんでした。

    明日(もう今日か)も会社があるので、0時半頃に切り上げました。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top