星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 昇ってきた冬の星座と細い月と金星と | TOP | 秋の気配 >>

2012.09.19 Wednesday

薄明の星空の色合い調整

0


    最近、明け方の薄明時に星空写真を撮る機会が増えました。
    でも、明るくなり始めた空の色合い調整にいつも悩んでいます。

    科学写真ならば、対象物の特性を忠実に再現しなければいけないでしょう。
    しかし個人で楽しむ写真ですから、色合いは好みで調節すればよいと思っています。
    でも毎回行き当たりばったりではねえ。
    そこで、Raw現像時のパラメータをいろいろと変えて実験してみました。


    例題は、先日撮影したものです。
    処理は全て「Camera Raw(6.7.0.339)」で行なっています。


    下の画像が、全ての処理(調整)を終えたものです。


     2012/09/14 04:27  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (焦点距離不明、開放)  固定撮影(20秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  談合坂SAにて




    参考までに、パラメータの調整等をせずにRaw現像したものを下に示します。



    カメラの設定
      ・ピクチャースタイル : ニュートラル
      ・ホワイトバランス : オート(AWB)
    CameraRaw (6.7.0.339) が設定したパラメータ値
      ・プロファイル : Adobe Standard
      ・トーンカーブ : コントラスト(中)
      ・色温度 : 6150K
      ・色かぶり補正 : -8
      ・黒レベル : 5
      ・明るさ : +50
      ・コントラスト : +25
    レンズ補正だけはカスタム設定しました。
      ・ゆがみ補正 : 80%
      ・周辺光量補正 : 80%

    感想
      ・メリハリのあるプロファイル(Adobe Standard)が選択されました。
      ・かなり明るく補正しています。
      ・コントラストは少し弱めでしょうか。
      ・この色合いはどうも好きになれません。
         ・CanonのカメラのAWBは、赤みが強いことが多いように感じています。



    色合い以外を調整します

    まず、色合い以外を調整した結果を示します。



    考慮したことは、
      ・白とびと黒つぶれをできるだけ避けるようにします。
      ・あまりコントラストをつけないようにします。
         → トーンジャンプをできるだけ起こさないようにするためです。

    CameraRaw (6.7.0.339) で設定したパラメータ値  (太字がパラメータを調整したもの)
      ・プロファイル : Camera Neutral
      ・トーンカーブ : コントラスト(中)
      ・色温度 : 6150K
      ・色かぶり補正 : -8
      ・白とび軽減 : 10
      ・補助光効果 : 5
      ・黒レベル : 0
      ・明るさ : 0
      ・コントラスト : +15
      ・明瞭度 : +50
      ・自然な彩度 : +10
      ・レンズ補正
        ・ゆがみ補正 : 80%
        ・周辺光量補正 : 80%



    色温度を変えてみます  (色かぶり補正はゼロにしています)

    色合いを調整すると、厳密に言えば星の色も変わってしまいます。
    だけど星はほとんど白とびしているので、その影響は小さいと思っています。
    だから、背景の空の色合いを見ながら色温度を調整します。

    色かぶり補正を0にして、色温度を大きく変えてみましょう。
    色温度を低くすると青っぽくなり、高くすると赤っぽくなります。

    3000K



    3500K



    4000K



    4500K



    5000K



    私は青っぽい空が好きなので、今回は3800Kを選択しました。



    色かぶり補正を変えてみます  (色温度は3800Kにしています)

    続いて、色かぶり補正のパラメータを調整します。
    これは、赤みと緑みの調整だと思っています。
    プラスにすると赤みが強くなり、マイナスにすると緑みが強くなります。

    色かぶり補正 : 0



    色かぶり補正 : +10


    赤みが強くなりましたね。
    色温度だけで調整するよりも、綺麗なパープル色になったと思います。


    色かぶり補正 : −10


    赤みが抑えられて、青色が少し緑がかった感じになりましたね。


    今回は、最終的には、以下のパラメータを選びました。
      ・色温度 : 3800K
      ・色かぶり補正 : -3









    コメント

     おはようございます。
     色温度のパラメーターとか、いつも悩むのですが、他の人の写真がどうなっているのか気になっていたので、すごく参考になります。
     結局いつも、あれこれいじって『こんなもんか』と適当なので、毎回違う感じに仕上がってしまっています。
     写真の処理にも性格がでますよね(笑。
    2012/09/19 7:19 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    こんな時間にコメントを下さるとは、今日は休暇ですか?
    私もいつも適当なので、ちょっと真面目に実験してみました。
    でも次回はまた適当に戻ってしまうかもしれません(苦笑)。
    私の色合いはこれだ!というものが無いのが原因だということは分かっていますので、、、。
    2012/09/19 8:05 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    私もその時々の適当派です。 特にこの様な明け方は撮影時間が1分違うだけで色味が変わってくるので難しいですね。

    こうして比較していただけるととてもわかりやすいですね。そしてやまねももんがさんの最終的な選択がとても現実的なのが伺えます。 私も微妙な数値の差はあれ、似たような色にしたと思います。 (おもいっきり赤くしたいとか何か意図がある場合は除いて)
    ラボ任せだった昔と違って、簡単に変更出来る分、悩みが増えましたね(笑
    2012/09/19 4:51 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    自分で調整できるので、かえって悩むときがありますよね。
    少しずつ変えていくと、どんどん分からなくなったりします。
    そこで大きく変えて違いを見てみました。

    それでも日によって、もう少し青っぽいのが好きだったり、赤っぽいのが好きだったりします。
    2012/09/19 5:32 PM by やまねももんが
    わたしも行き当たりばったりのその時の気分派なのですが。
    先日、いま使っているiMacとWindowsのモニターで、同じ写真があまりに違う映りなので、愕然としました。
    わたしが撮影した写真も皆さんのモニターでは
    とんでもない色や明るさになっているのではないのかと心配です。

    2012/09/21 11:15 AM by まるこう
    >まるこうさん、こんにちは。

    画像の表示に関して、MacとWindowsの違いは悩ましいですね。
    Windowsはあまりにいい加減だと思っています。
    さらにディスプレイ依存性があるので、訳が分からなくなります。

    まるこうさんの写真は、色や明るさやコントラストに関して、とんでもない状態にはなっていませんよ。
    かなり私好みだと感じています。
    2012/09/21 12:34 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/517

    トラックバック

    ▲top