星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 海の口での月明かりの星景写真 | TOP | はくちょうからカシオペアまで >>

2012.10.05 Friday

昇ってきた冬の大三角

0


    9/25の晩の星空写真です。
    場所は長野県・海の口です。

    月が沈んでから、昇ってきた冬の大三角を撮影しました。

    5DMark2と60Daで撮影しましたが、
    特に60Daで撮ったものは、低空の雲の処理が厄介で思うように星空の色合いを調整できませんでした。


    60Da

     2012/09/26 01:33  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、開放)
     固定撮影(20秒)  Lee Soft-2 Filter(レンズの前)
     EOS 60Da RAW、ISO2500  長野県・海ノ口にて


    ちょうど月が沈んだ頃です。
    ”オリオン” が昇ってきています。
    ”こいぬ座のプロキオン” も ”おおいぬ座のシリウス” も、雲に隠れているようです。
    代わりにと言っては変ですが、”ヒアデス星団” と ”プレアデス星団” と ”木星” を一緒に撮りました。


    5DMark2

     2012/09/26 02:02  EF24mm F1.4→2.5  固定撮影(20秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  長野県・海ノ口にて


    低空の雲から ”こいぬ座のプロキオン” が出てきて、”おおいぬ座のシリウス” も雲の中に見えるようになりました。

    月が沈むと星の写りかたが激変しますね。
    同じ露光条件で撮影しても、微光星がびっしりと写ります。
    冬の銀河(天の川)も何とか分かりますね。
    さらに夜空の色合いも変わりました。

    久し振りに納得のいく星空写真です。
    でも、シリウスの池への映りに気をとられて、ヒアデス星団が少し切れてしまいました。



    60Da

     2012/09/26 02:25  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、開放)
     固定撮影(20秒)  Lee Soft-2 Filter(レンズの前)
     EOS 60Da RAW、ISO3200  長野県・海ノ口にて


    ヒアデス星団と木星を諦めて、地上の風景を大きく取り入れました。
    これが60Daでのベストショットでしょうか。

    でも右下隅が少し赤っぽくなってしまいっています。
    フィルターをレンズの前にかざしているのですが、位置の微妙な違いによって、フィルターの枠でケラれたり、こんなふうに一部が赤っぽくなってしまうのです。
    早くレンズの後ろに配置するようにしなければ、、、。



    5DMark2

     2012/09/26 02:35  EF24mm F1.4→2.5  固定撮影(20秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  長野県・海ノ口にて


    これが5DMark2でのベストショットでしょうか。

    ”冬の大三角" はだいぶ昇ってきたのに、”シリウス” が雲から出てきません。
    どうやら雲も一緒に昇ってきているようです。
    今夜は、この雲から逃れることは出来ませんでしたが、きれいな星空が見れたので良しとしましょう。

    本当は、ガイド撮影でたっぷり露光してみたかったのですよねえ。









    コメント

    おはようございます。
    池の水面に写った星がたまりません。水面の様子を見ると、とても静かな夜だったようですね。

    そういえば自分は、まだ冬の大三角は見てません。昇るのが遅いシリウスが、いつも山の陰になっていたりしてました。今度夜遊びする時にはシリウスまで全て見てこようと思います。
    2012/10/05 6:00 AM by さとう
    >さとうさん、おはようございます。

    風はほとんど無くて、静かな夜でした。
    鹿の鳴き声も聞こえなかったです。

    オリオンが昇っても、シリウスが見えるようになるまでにはかなり時間がかかりますよね。
    次の夜遊びが待ち遠しいですね。
    2012/10/05 7:35 AM by やまねももんが
    この雲を除いては、大気の透明度もよく風もなくかなりの好条件ですね!
    天の川もうっすらと。
    やはり被写体に湖面があるとグッと雰囲気出ますね。
    そしてナノクリレンズ…ますます欲しくなってしまいました…
    2012/10/05 8:28 AM by ミツル
    >ミツルさん、こんにちは。

    この方向は、雲が無くても街明かり?の影響で低空の空の色がきれいではないのですよ。
    だから星景写真としては、かえって雲があったほうが良いかもしれません。

    水辺はなかなか面白い写真が撮れますね。
    このニコンのレンズは本当に凄いです。
    絞り開放でも周辺部までほとんど文句無しです。
    2012/10/05 8:41 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    とまり明けの勤務から戻ってきて、「昇ってきた
    冬の大三角」拝見してます。
    なんて綺麗で幻想的でしょうか。
    シリウスというのですか?黄金色の雲の中で、霞む
    ように輝き、それが鏡のような湖にまで映りこんで。
    5Dのベストショット・・・
    差し支えなければ、A3位のプリントで譲っていただき
    たいくらいです。すばらしい!!

    ところで、2枚目の木星の右側に明るい数個の星団は
    なんていうのでしょうか。
    2012/10/05 11:07 AM by にゃあ
    うーん、マーク2で撮影した写真が特に好みですね。
    最後の写真は水面と空の透明感に引き込まれました。
    木々の水面への映り込みが美しいですね。
    光害も見方になりましたね。

    写真を見て、徐々に冷え込んできた感じが伝わってきました。
    2012/10/05 11:49 AM by JBL
    >にゃあさん、こんにちは。

    高ISO感度でも低ノイズのデジタルカメラのおかげで、星景写真の世界が大きく変わりました。
    このような写真が20秒の固定撮影で写せるのですからね。
    星景写真はやはり地上の風景をどう取り入れるかがポイントだと思います。
    その意味で、ここはとても気に入っています。

    木星の右側の星の集まりは、ヒアデス星団という散開星団です。
    一番明るい星は、アルデバランという名前の一等星です。
    2012/10/05 11:59 AM by やまねももんが
    >JBLさん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    この日の写真は、私も5D2のほうが気に入っています。
    雲も、雲を光らせている街明かりも、いい仕事をしてくれました。
    風もなくて、星が池にきれいに映ってくれました。

    この日の気温は10℃を下回りました。
    これからますます寒くなって、12月にはこの池も凍りついてしまいます。
    2012/10/05 12:06 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    星景写真は景色がメインなので、仰る通り星を諦めたほうがいい結果が出ると思います。
    頭じゃわかっているのですが、なまじっか星座がわかっていると、中途半端な気がしてどうしても入れたくなってしまうのですよね。

    60Daと5Dmk兇任茲雲の色が合いましたね。 空の青は5Dのほうが好きです。 星の赤やオリオン大星雲はやっぱり60Daに軍配が上がりそうです。 重ねる事もできないし悩ましいですね(^^;)
    2012/10/05 12:46 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    そうなんですよ。
    理屈では分かっているはずなのに、ヒアデスやプレアデスが見えていると、手が勝手に雲台を動かしてしまうのです。
    この性分はもう治りませんね(苦笑)。

    今回は、最初に5D2の色合いを調整しました。
    そして60Daの雲の色をできるだけ5D2に合わせるようにしたのです。
    そうしたら、60Daの空の色は少し不満が残る結果になりました。
    なかなか難しいですね。
    2012/10/05 1:40 PM by やまねももんが
    雲は残念でしたが、逆に立体感が出ているので
    これはこれでいいですね〜。
    冬の大三角が上ってくるともう冬が近づいていることを実感しますね、最近はめっきり涼しくなってきて、少し寒いくらいです。
    2012/10/05 2:43 PM by hana
    >hanaさん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    私もそう思っています。
    私にしては、今年は冬の大三角を撮るのが早いです。
    主に夜半前派だったのが一晩中派になってきています。
    今年は残暑が厳しくて大変でしたが、もう10月なのですよね。
    この日は10℃を下回ったので、しっかりと着込みましたよ。


    2012/10/05 3:15 PM by やまねももんが
    こんにちは。

    月が沈んだ後は、さすがに空の良さを伺わせる透明感の高い写真になっていますね。
    雲も、けっこう良い効果を生んでいるのではないでしょうか。

    こちらでは、昼間は晴れるものの、夜はいつも曇ってしまうので、こんな綺麗な星空を楽しめるやまねももんがさんが羨ましいです(星を見ていないので、私のブログ、ほぼ猫ブログになっています…。)
    2012/10/05 5:39 PM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんばんは。

    月明かりの影響がこんなに大きいとは、ちょっと驚きました。
    そして、この日は空の透明度がとても良かったようです。
    雲も良い仕事をしてくれたと思っています。

    まっちゃんさんの猫ブログは大好きです。
    私も一時は猫ブログになっていましたよ。
    2012/10/05 6:10 PM by やまねももんが
    やまねももんがさん

    この夜は、私は八ヶ岳の反対側の富士見高原から、同じようにオリオン座を見上げていました。この斜めの雲は一緒でした。
    あの夜の美しい星空を見事に写されていて、感動です。手前の池、その向こうの森、そして雲と・・・立体感のある深遠な世界ですね。
    2012/10/06 12:00 AM by Nikon 8cm
    きれいですねー。
    いま思いついたのですが、
    湖面を画面の2/3くらい占めるような構図で、星は湖面の映り込みで表現するのはどうでしょうか?この場所ならできそうです。
    2012/10/06 12:45 AM by まるこう
    >Nikon 8cmさん、おはようございます。

    この日は思った以上に天気が良くて、空の透明度も良くて、とてもきれいな星空を堪能できました。
    富士見高原でもきれいな星空だったのでしょうね。

    八ヶ岳周辺もこれから一気に秋が深まって、まもなく氷点下まで冷え込むのでしょうね。
    でも、これからが星見の本番の季節だと思っています。
    2012/10/06 5:57 AM by やまねももんが
    >まるこうさん、おなようございます。

    なるほど、映り込みだけにするのですね。
    面白いですね。
    でもこの池はあまり大きくないので、ちょっと無理ですね。
    写真でも、もう手前の岸が写っているでしょ。
    冬の大三角がもっと低い位置なら可能性があるかもしれませんね。
    2012/10/06 6:03 AM by やまねももんが
    みなさんがおっしゃるとおり、湖面の星、すばらしいですね。もしかして、低空の雲は、逆に、町のあかりをおさえてくれているのではないでしょうか。みごとな星空ですね。
     やまねももんがさんの写真を見れば見るほど、猫をかいたくな……じゃなかった、星景写真を撮りたくなります。師匠より素晴らしい写真が撮れるはずがないと、わかってはいるんですが(笑。
    2012/10/06 12:50 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    低空の雲は絵作りに一役買ってくれたようです。

    星景写真、楽しいですよ。
    人それぞれの感性で、それぞれの星景写真が生まれるのだと思います。
    そして、猫もいいですよ(笑)。
    2012/10/06 2:16 PM by やまねももんが
    こんにちは

    綺麗な星の写真ですね(*^^*)ウットリ。。。
    私もこの雲がとても効果的だと思います。
    60Daのケラレ感は私好みなのですが
    どちらも選べない良さがあります。
    2012/10/13 8:04 PM by marim
    >marimさん、おはようございます。

    ありがとうございます。
    星空写真では雲は邪魔者扱いにされることが多いのですが、時には効果的なこともあるのですね。
    熊でも出ないかと怯えながら、必死に撮影しましたよ。

    最近はレンズの周辺減光はRaw現像時に補正するようにしています。
    60Daではニコンのレンズを使っているので、十分に補正しきれないようです。
    言われてみて見直してみると、周辺までフラットよりも、少し周辺減光が見られたほうが自然に思えてきました。


    2012/10/14 5:28 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/531

    トラックバック

    ▲top