星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 冬の星座たち | TOP | 長野県海の口の紅葉 >>

2012.11.09 Friday

不満だらけの星野写真

0


    今日ご紹介するのは、60Daと50mmレンズで撮影した星野写真です。
    10/16の晩に、山梨県のみずがき山自然公園で撮影しました。

    11/3にご紹介した「プレアデス星団とカリフォルニア星雲」と同じように撮影して処理しています。
      → 11/3の記事はこちら

    「プレアデス星団とカリフォルニア星雲」は結構満足しているのですが、その他のものはどうもうまくいきません。
    処理のパラメータなどを変えていろいろやったのですが、今回はここで小休止(永遠の小休止かも?)です。
    不満が一杯なのですが、具体的に何が不満なのかがはっきりしないのが最大の問題なのですよね。
    お蔵入りにしようかとも思ったのですが、今後のリベンジのためにご紹介させて頂きます。

    なお、ぴんたんさんのフラットエイドでフラット処理を行って、元画像と合成しています。



    オリオン

     2012/10/17 00:51  EF50mm F1.4→3.5  追尾撮影(120秒)  4枚をコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県 みずがき山自然公園にて


    ぴんたんさんのフラットエイドでフラット処理を行って、不透明度67%で元画像と合成しました。

    これは酷い写真で、恥ずかしい限りです。
    左下の緑カブリが除去しきれませんでした。
    だからあまり強いコントラスト強調ができません。
    赤い星雲もうまく浮かび上がらせることができません。

    何から何まで納得がいかないのですが、どうしたら良いのでしょう?
        ・フラット補正がうまくできません。
        ・コントラスト強調処理を勉強し直さないと駄目ですね。
           ・魔女の横顔も写っているはずですよね。
        ・南側がもっと暗い場所でないと駄目でしょうか?
        ・星座写真とするならば、弱いディフュージョンフィルターを使ったほうが良いかもしれません。
        ・構図も失敗です。 → もう少し右に寄せたいですね。



    カシオペア

     2012/10/17 01:01  EF50mm F1.4→4.0  追尾撮影(120秒)
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県 みずがき山自然公園にて


    ぴんたんさんのフラットエイドでフラット処理を行って、不透明度80%で元画像と合成しました。

    右下が緑(青?)っぽいのはカブリでしょうか、うまく補正できません。
    これを何とかしようと、あれこれやったら収拾がつかなくなってしまいました。
    うう〜ん、星が煩すぎますかね。
    ニコンのレンズ(AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G)と写り方がだいぶ違うのですが、どうしてでしょう?

    星雲星団がいろいろと写っています。
        左のほう → ハート星雲(IC1805、散光星雲)とペルセウス座の二重星団(hχ、散開星団)
        中央下寄り → パックマン星雲(NGC281、散光星雲)
        右のほう → 散開星団(NGC7789)
        右上隅 → 散開星団(M52)と散光星雲(NGC7635)



    ペルセウス中心部

     2012/10/17 01:11  EF50mm F1.4→4.0  追尾撮影(120秒)
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県 みずがき山自然公園にて


    ぴんたんさんのフラットエイドでフラット処理を行って、不透明度50%で元画像と合成しました。

    ペルセウス座中心付近の星の塊り(散開星団、Mel.20)がもっと目立つと思ったのですが、、、。
    弱いディフュージョンフィルターを使ったほうが良いでしょうか?

    現地で使用レンズと撮影対象を決めたのですが、やはり駄目ですねえ(苦笑)。
    左下で切れている散光星雲は、ハート星雲の隣りの星雲(IC.1848)です。
    右上で切れている散光星雲は、カリフォルニア星雲です。



    ぎょしゃ

     2012/10/17 01:39  EF50mm F1.4→3.5  追尾撮影(120秒)  4枚をコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県 みずがき山自然公園にて


    ぴんたんさんのフラットエイドでフラット処理を行って、不透明度80%で元画像と合成しました。

    カシオペアもそうでしたが、銀河(天の川)がどうもうまく表現できません。
    でも何が不満なのかもはっきりしないので、手の打ちようがないです。
    全体にもやもやしているのはノイズなのでしょうか?

    3つの散開星団が並んでいて、左からM37,M36,M38です。
    赤い散光星雲も2つ並んでいます。
    左側がIC.410、右側がIC.405でまがたま星雲と呼ばれています。


    なお、ダーク減算は行なっていません。
    カメラ内のノイズ低減機能(長秒時露光のノイズ低減、高感度撮影時のノイズ低減)はOFFにしています。









    コメント

    おはようございます。
    何が問題がハッキリしないとスッキリしませんが、どの写真も綺麗に仕上がっているように思えます。

    やまねももんがさんの仰っている「魔女の横顔」は作シーズンは何とか写ったレベルだったので、今シーズンは何とかモノにしてみたいと思います。
    2012/11/09 6:28 AM by さとう
    >さとうさん、おはようございます。

    私自身も何と言えば良いのかよく分からないのですが、写真がすっきりしていなくて綺麗に感じないのです。
    撮影も含めて、もう少し試行錯誤してみます。

    魔女の横顔は、私も撮りたいです。
    でも南側が暗い場所がなかなか無いのですよねえ。
    2012/11/09 7:22 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    とてもナチュラルに仕上がっているかと思います。
    好みの問題なのですが、ガッツリ彩度を上げてやると「白さは七難隠す」じゃなくて「彩は七難隠す」と言うか誤魔化すと言うと聞こえが悪いですが良いかも知れませんよ。 彩度を上げるとカブリも強調されてしまうので、彩度を上げた画像をフラットエイド処理して、それを今のと少し混ぜる―ってのはどうでしょう?

    これくらいの画角だと、仰るように弱めのフィルターを使ったほうがいいかも知れませんね。 

    私も今年こそは魔女の横顔を納得するくらい撮りたいです。
    2012/11/09 4:26 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    やはりイメージが先行してしまっているのでしょうねえ。
    処理だけで何とかしようとしているのですよね。
    撮影から見直してみたいと思います。

    かたくちいわしさんも魔女の横顔ですか?
    南側が暗い撮影地でたっぷり露光したのを見せて下さいな。
    2012/11/09 4:49 PM by やまねももんが
    こんなに写ったら私なんか三日三晩ハイテンションですよ。
    かたくちいわしさんのおっしゃるように、確かに彩度をもう少し上げてもバチは当たらないでしょう。

    じゃあ、私は魔女の顔を正面から撮影にチャレンジします。

    って、ムリムリ。
    2012/11/09 10:56 PM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    いやいや、目標は高く設定しておかないと進歩しなくなってしまいますから。
    最近のまるこうさんの天文写真、凄いじゃないですか。
    かなり刺激になっているのですよ。

    魔女の正面顔ですか?
    最近のハイテクを使えば、想像図ができそうですね。
    2012/11/10 8:01 AM by やまねももんが
    魔女の横顔は所沢では絶対無理、とあきらめていますが、ガイド撮影がばっちりきまれば、もしかすると……。チャレンジしてみる価値はありそうです。
    2012/11/10 11:15 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    写れば凄いことですよね。
    是非、チャレンジしてみて下さい。

    赤道儀、早く退院してくると良いですね。
    戻ってきたら、適度なリハビリが必要ですよ。
    2012/11/11 6:14 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/564

    トラックバック

    ▲top