星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 5DMark2における周辺部の赤ムラ (1)追加 | TOP | 5DMark2における周辺部の赤ムラ (3) >>

2012.12.25 Tuesday

5DMark2における周辺部の赤ムラ (2)

0


    固定撮影で星景写真を楽しんでいますが、周辺部の赤ムラが気になっています。
    そこで、ライトフレームの色バランスを調べてみました。

    明条件とは、昼間の風景写真を撮るような光量のことです。
    暗条件とは、星景写真を撮るような光量のことです。
    各条件でライトフレームを撮影し、画像の中心付近をホワイトバランスツールでグレーに調整します。
    そのときに四隅の色合いを調べて、色バランスが崩れていないかを調べました。
      → テストの詳細な方法等はこちら

    どうも画像の周辺部で色バランスが崩れて、それが赤ムラとなって現れているようです。


    カメラとレンズの組み合わせをいろいろと変えてテストしてみました。



    結果をまとめると、こんな感じでしょうか。

    ・明条件
       ・APS機では色バランスの崩れは見られないが、フルサイズ機では僅かに見られる。

    ・暗条件
       ・APS機よりもフルサイズ機のほうが色バランスの崩れは大きいように思える。
       ・同じカメラボディでも、レンズによって色バランスの崩れの程度は異なる。
       ・同じレンズでも、カメラボディによって色バランスの崩れの程度は異なる。

       ・以下はサンプル数が少ないのではっきり言えないが、
          ・ISO感度を下げても色バランスの崩れは残るが、ばらつきが少なくなるので目立たなくなるかもしれない。
          ・レンズの絞り依存性は無いようである。
          ・露光量を増やすと、ばらつきが少なくなるので色バランスの崩れは目立たなくなるかもしれない。
          ・Raw現像ソフトで周辺光量を補正すると、色バランスの崩れが目だってくる。
          ・Raw現像ソフトで明るさを補正すると、ばらつきが大きくなって色バランスの崩れが目立ってくる。
          ・ソフトフィルターの有無は関係ないようだ。
          ・Raw現像ソフトによって、色バランスの崩れが異なるような気がする。



    以下に5DMark兇任離譽鵐困砲茲覦磴い鮗┐靴泙后


    EF200mmF2.8L供 ISO3200、F2.8、2.0秒)



    EF100mmF2.8 Macro (ISO3200、F2.8、2.5秒)



    EF50mmF1.4 (ISO3200、F2.8、2.0秒)



    EF24mmF1.4L供 ISO3200、F2.8、2.0秒)



    EF16-35mmF2.8L (24mm、ISO3200、F2.8、2.5秒)



    参考に、KissX3とEF200mmF2.8L兇任侶覯未鮗┐靴泙后

    EF200mmF2.8L供 ISO1600、F2.8、3.2秒)




    続きます。










    コメント

    こんばんは

    これは興味深いですね。
    周辺減光補正はoffでしょうか?

    自分が撮った過去の画像見てみようかな〜。
    2012/12/25 10:50 PM by asuka
    >asukaさん、おはようございます。

    このような症状は皆さんのブログで見かけないので、私だけの問題でしょうかねえ。
    ボディの問題か、Raw現像ソフトの問題か、色合い調整の問題か、それらの複合問題なのか?

    5D2では周辺減光補正はボディ側ではオンでした。
    Raw現像時に補正量をゼロにしていますが、この場合はどうなるのでしょうね。
    2012/12/26 6:02 AM by やまねももんが
    この表を見て思ったこと。
    明るいレンズばっかり。すげ〜〜(笑。
    さすがベテランですね。
    ……うらやましいです。

    200mmでの星団、彗星写真、期待します(ワクワク)。
    2012/12/27 12:06 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    星空写真では「明るいレンズは七難隠す」と思っています。
    フィルム時代では、相反則不軌という特性があったので、特にそうでした。
    デジタルカメラの時代になっても、この感覚を引き摺っているのでしょうね。
    2012/12/27 1:02 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/609

    トラックバック

    ▲top