星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 5DMark2における周辺部の赤ムラ (3) | TOP | ごん太のことを思い出しました >>

2012.12.27 Thursday

5DMark2における周辺部の赤ムラ (4)対策

0


    固定撮影で星景写真を楽しんでいますが、周辺部の赤ムラが気になっています。
    そこで暗条件でのライトフレームを調べてみて、4日間にわたって記事にしてきました。

    今日は、その対策を考えてみます。
    でも対処療法しか思いつきません。

    カメラは5DMark兇如▲譽鵐困EF24mmF1.4L兇任垢、他の組み合わせでも同様かと思います。



    [1]構図とカメラの向き

    赤ムラが気になるのは画像の周辺部ですが、特にカメラの底部側で、さらに右下隅が顕著です。

    横構図の場合は、下側に地上の風景を配置するので、赤ムラが気にならなくなることが多いです。

    縦構図の場合は、カメラの底部を右側にすると、赤ムラが最も気になる部分が右上隅になって、星空の領域になってしまいます。
    そこで、カメラの底部を左側になるようにします。
    そうすれば、赤ムラが最も気になる部分が左下隅となり、地上の風景の領域になります。

    でも、三脚の雲台として三軸雲台を使っているのですが、カメラの底部を左側になるようにすると、右利きの私には構図を変えることができません。
    そこで、L型ブラケットを使っています。



    こんな感じです。 (カメラのモニター部が汚れているのは見ないで下さいね。)



    [2]露光条件

    露光不足のものをRaw現像等で明るく補正すると、赤ムラが目立ってしまいます。
    できるだけたっぷり露光して、逆に暗くするぐらいのほうが良いです。

    でも固定撮影では、日周運動による星の流れを目立たないようにするために、露光時間を20秒程度にしています。
    主に使う露光条件は「ISO3200、F2.5、20秒」ですが、これの1.5〜2.0倍露光したいですね。

    でも難しいですよね。
    ISO感度を上げると、ノイズの増大や画質の低下が気になります。
    絞りを開けば、収差や周辺減光が気になります。
    露光時間を長くすれば、星の流れが気になります。


    ISO3200以上の高感度での撮影はほとんど経験が無いのですが、どうなのでしょうね。
    気温の低い冬場なら実用に耐えうるでしょうか?
    一度試してみたいと思います。


    夜空の暗い場所での撮影では、最近はポタ赤で60秒程度の追尾撮影をすることが多くなっています。
    星もたくさん写りますし、周辺部の赤ムラみ気になりません。
    地上の風景は少しぼやけてしまいますが、もともとシルエットになってしまうので、割り切っています。
    下に撮影例を示します。


     2012/11/13 00:22  EF24mm F1.4→3.2  追尾撮影(50秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  長野県・富士見高原にて



    [3]Raw現像での処理方法

    Raw現像(CameraRaw6)における処理方法で、周辺部の赤ムラを抑制できないか検討してみました。


    例題を使って順に説明していきます。
    下の写真は修整前のものです。


     2012/08/20 01:59  EF24mm F1.4→2.5  固定撮影(20秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  長野県・南牧村 八ヶ岳ふれあい公園にて



    まず、「カメラキャリブレーション」の頁で、シャドウの色かぶり補正の設定をします。
    −5から−10程度が良いようです。




    周辺光量補正を少し控えめにします。  80 → 40




    この段階での画像を下に示します。
    シャドウの色かぶり補正を行なったので、全体的にグリーンが強くなっています。




    そこで、ホワイトバランスを調整して星空の色合いを調整していきます。
      色温度 : 3450 → 3550
      色かぶり補正 : −5 → +13




    中央付近と右上隅のカラーヒストグラムを比較してみます。
    どうでしょうか?




    このままだと下側の木々が緑っぽいので、修正します。

    まず、色域指定で木々の部分を選択します。




    カラーバランスで、シャドウのグリーンを抑えます。
      R : +2
      G : −8
      B : +2

    左が修正前のヒストグラムで、右が修正後のヒストグラムです。




    全ての修正が終わった画像を下に示します。
    どうでしょうか?
    赤ムラを完全に除去することはできませんでしたが、多少は改善できたかなと思っています。





    [4]その他

    今回のライトフレームを使って、フラット補正が出来ないでしょうかね。
    RGB画像それぞれに補正をする必要があるでしょうね。
    でも、R(赤)画像だけでも効果があるかもしれませんね。

    この場合は、引き算でしょうか、割り算でしょうか?
    Photoshopは、引き算はできるのですが、割り算ができないのですよね。

    うう〜ん、面倒そうです。



    [5]備考

    固定撮影での星景写真以外の場合に関してコメントしておきます。

    星野写真
       ・追尾撮影でたっぷり露光することが基本なので、問題ないと思います。
       ・ぴんたんさんのFlatAideを使ったフラット補正で対応することも可能です。

    街中や月夜での星景写真
       ・露光不足になることはほとんどないでしょうから、問題ないと思います。









    コメント

     なるほど。φ(・ω・ )メモメモ
     新兵器を手に入れ、今後、星景・星野写真を撮ることも多くなるので、参考になります。
     一番参考になったのは、

    >街中や月夜での星景写真
    >露光不足になることはほとんどないでしょうから、問題ないと思います。

    という部分だったりします(笑。
    2012/12/27 12:14 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    星空写真では、たっぷり露光してあっさり処理をするのがやはり重要だと再認識しました。
    露光不足はあらゆる点で良くないですね。

    新兵器とは「赤道ギニアのポ」のことですね。
    星景写真も星野写真も楽しいですよ。
    2012/12/27 1:09 PM by やまねももんが
    これは勉強になります。
    赤道ギニアの民芸品は持ってないですが、いつか暗いところへ遠征に行ったら・・・。

    それにしても、私なら元画像でいいじゃん!!
    と思ってしまうのですが、
    さすが、妥協を許さない男やまねももんがさんですね。
    2012/12/28 12:19 AM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    こういうのは一度気になると駄目なのですよね。
    私の拘りみたいなものなので、「何やってるんだろうね」と遠くから見てて下さればいいですよ。

    これからは、赤道ギニアの民芸品は必須アイテムじゃないですか(笑)。
    暗い場所での、星景写真や星野写真も楽しいですよ。
    2012/12/28 6:44 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    ちょっと前に『私のカメラも赤ムラが出る』と記述しましたが、その写真をよくよく観察するとと、なんとカメラ由来ではなくて、近くに置いてあった赤LEDのほのかな灯りが写り込んでいただけ…ということが判明しました(誤爆)。

    視聴者の立場からですと、私は今回の作例を見るに、もお悩みの赤ムラよりも、星空の素晴らしさに目が行ってしまうので、実は悩むこともないのではないか?とも考えてしまいますよ。
    でも、違いの分かる男、ももんがさんには気になるのでしょうね〜。
    2012/12/28 7:00 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    そちらは原因が分かってよかったですね。
    最近のカメラはとても高感度なので、思わぬものが原因だったりしますよね。

    私の性格なんでしょうね。
    加点要素よりも減点要素のほうが気になってしまいます。
    父親が職人だったので血を引いているのかなあと思っています。
    2012/12/28 10:52 AM by やまねももんが
    突っ込むのを忘れていました。
    最初の写真、カメラの液晶部分の汚れを見ない方法を教えて下さい(笑。
    テレビのカタログによくあるように、2枚目の写真を縮小して液晶部分に貼り付け、『写真は合成です』と書き添えるのはどうでしょう(笑
    2012/12/28 1:57 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    ファインダーを覗くと、液晶部分に顔が当たって汚れるのですよね。
    皆さんはどうしているのでしょう?
    まあ、拭けばいいことなのですがね。

    いっこうさんのアイデア、ナイスです。
    でも、仕事中にそんなことを考えているのですか?
    今日は仕事納めで、忙しくないのかな?

    2012/12/28 2:33 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/611

    トラックバック

    ▲top