星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< あけましておめでとうございます | TOP | 猫のトイレと鼻炎と空気清浄機 >>

2013.01.03 Thursday

ポタ赤を組み直しました

0


    最近、ポタ赤(ポータブル赤道儀)を使うことが多くなりました。
    星景写真でも、星空をたっぷり露光したくなったからです。
    レンズは広角だし、露光時間はせいぜい1分程度ですから、ポタ赤が手頃です。


    私が使っているのはタカハシの「スカイポート」で、以下のように組み上げていました。
        ・三脚の雲台は、マンフロットの410(3軸の微動付きのもの)
        ・V金具+スカイポート
        ・極軸望遠鏡
        ・カメラを搭載する自由雲台



    写真を見てお分かり頂けるかと思いますが、
    かなりトップヘビーで、しかも上から見てカメラが三脚の中心部からずれています。
    十分に注意して扱っているので、今までに倒したことはありません。
    でも星景写真にも使うようになり、場所を頻繁に移動するようになったので、とても気を使います。



    そこで、この満月期に組み直そうと考え、あれこれやって以下のように落ち着きました。


    まず、マンフロットの雲台(410)を3軸から2軸に改造し、高さを低くしました。
    さらに、V金具も除去して、スカイポートを雲台に直接乗せました。
    そして、自由雲台をもっと使いやすいものに変えました。
    ベルボン製で、天文ガイド2012年2月号に紹介記事が載っていましたね。

    組み直した結果、下の写真のようになりました。





    上から見てカメラが三脚の中心部に近づいて、安定感がだいぶ増しました。


    セッティングは、極軸望遠鏡(外付け)の視野の中心付近に北極星が入ればOKとしています。
    これで星が流れたことはほとんどありません。
    でも、結構覗きづらいのが欠点ではあります。

    さらに当たり前ですが、時間と共に全体が回転していきます。
    私は、適当な時間毎にクランプ等を緩めて元に戻すようにしています。
    このときにクランプ等をしっかり締めることがとても大切です。
    さもないと、カメラの重み等で全体がぐるりんと回ってしまいます。


    何かやっていると、いつも集まってくる兄弟猫ですが、今日は少し離れた場所でじっと見ています。
    どうやら三脚が怖くて、近寄れないようです。










    コメント

    おはようございます。
    三脚が怖いとは面白いですね〜。猫にはそれがどのように(生き物だとか物体)に見えているのでしょうかね。三本脚の宇宙人かな?
    2013/01/03 7:13 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    長い棒や筒状のものが駄目ですね。
    蛇を連想するという話がありますが、どうなのでしょう?
    2013/01/03 7:29 AM by やまねももんが
    明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします!

    スカイポートは小型ですが、重量級のカメラとレンズをきっちりガイドできるとはやりますね〜。きっとタカハシらしい手抜きの無い作りなんでしょうねぇ。
    2013/01/03 1:03 PM by hana
    >hanaさん、こんにちは。

    明けましておめでとうございます。
    こちらこそ、よろしくお願いします。

    そちらは吹雪で大変なんじゃないですか?

    最近になって超小型のポタ赤がいろいろと出てきましたが、これはその前に入手したものです。
    仰るように、いろんな意味でタカハシらしい作りです。
    良く言えば基本に忠実で、悪く言えば頭が固いと言ったところでしょうか。
    作りは良いですよ。
    極軸さえしっかり合わせれば、中望遠ぐらいなら大丈夫だと思います。
    2013/01/03 1:29 PM by やまねももんが
    GP2ガイドパック・ユーザーとしては、最近の手のひらサイズのポタ赤に、心をぐらぐら揺さぶられています。
    でも、極軸合わせの精度や耐加重、実際の使い易さを考えると、決断がつきません。
    2013/01/05 11:57 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    ポタ赤と言っても、使用目的によって評価基準が違いますよね。
    星景写真はあちこち歩き回って撮影するので、コンパクトなことも重要な要素だと思います。
    でも星野写真ならば、ある程度はがっしりしているほうが使いやすいです。

    最近の可愛いポタ赤を見ていると欲しくなってしまいますね。
    どうしてなんでしょう。
    高級なおもちゃみたいだからでしょうかね。
    2013/01/05 12:40 PM by やまねももんが
    いっこうさんの赤道ギニアの民芸品や、こんな記事を見てしまうと、
    こんなのが欲しくなってしまうじゃないですか。あー。
    2013/01/05 9:39 PM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    手軽なポタ赤は良いですよ。
    メインの撮影の合間に、星野撮影などがちょこちょこ撮れますよ。
    赤道ギニアの民芸品もちょっと惹かれますね。
    2013/01/06 6:30 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/618

    トラックバック

    ▲top