星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 入笠山にて おおぐま、こぐま (6年前の星空) | TOP | 入笠山にて 夏の銀河(天の川) その2 (6年前の星空) >>

2011.05.17 Tuesday

入笠山にて 春の星座たち (6年前の星空)

0

    6年前に長野県の入笠山で撮影した星空です。


    地上の風景も一緒に撮影する「星景写真」では、星々の高度がそれほど高くない時が狙い目です。
    そのために、「星野写真」とは撮影する季節や時間帯が異なります。



    春の大曲線

     2005/05/04 02:25  EF15mm F2.8→2.8  固定撮影(30秒) DIFFUSER-FILTER
     EOS 20D RAW、ISO1600  長野県 入笠山


    ”北斗七星” の柄の曲がりを延長していくと、”うしかい座” のアルクトゥルスに行き当たり、さらに ”おとめ座” のスピカに行き当たります。
    この大きな曲線を春の大曲線と呼びます。
    この年は ”おとめ座” に明るい木星がいるので、少しまごついてしまいました。

    IS1600,F2.8,30秒では露光不足です。
    画像処理で補正しているので、画像がノイジーですねえ。


    沈むしし

     2005/05/07 23:33  EF15mm F2.8→2.8  ガイド撮影(120秒) DIFFUSER-FILTER
     EOS 20D RAW、ISO800  長野県 入笠山


    ”しし” が頭を下にして沈んでいこうとしています。
    一番明るい星は木星です。

    南西方向に見える山並みは中央アルプスと思われ、伊那から駒ヶ根の街明かりに照らされています。
    先日は、この方向に雲があったのか、山並は見えませんでした。

    今夜はガイド撮影をして、たっぷり露光しました。
    その反面、地上の風景が少しぶれてしまいます。



    沈むしし

     2005/05/07 23:37  FD24mm F1.4→2.8  固定撮影(10分)
     Canon T70  Kodak E200  トリミング : 90%×90%  長野県 入笠山


    リバーサルフィルムで10分間の固定撮影をしました。

    フィルムカメラ用としては、最も多用しているレンズで撮影しています。
    星景写真としては適当な画角で、明るいのが魅力です。
    ハレー彗星の時に買ったもので、それから20年も使っています。










    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top