星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 冬の大三角が好きです | TOP | 1/8のリニア彗星(C/2012K5) >>

2013.01.10 Thursday

前途多難の星野写真

0


    先日(1/4)のみずがき湖で、60Daと100mm望遠レンズの組み合わせで星野写真を4ショット撮影しました。

    しかし、悔しいですが全て失敗でした。
       (1) フォーカスが甘いというか、ハッキリ言ってピンボケです。
       (2) 露光条件が適切ではなかったです。
       (3) センサー上にゴミ?が付いていたようです。
       (4) 三ツ星のゴーストが写ってしまいました。
       (5) 色合いがイマイチです。
       (6) 画像処理が下手です。

    下にそのうちの1ショットをご紹介します。


    オリオン座の散光星雲

     撮影日時 : 2013/01/04 22:22〜  300sec×8枚
     撮影場所 : 山梨県・みずがき湖  気温は約−9℃
     カメラ : EOS 60Da (ISO3200、RAW)
     フィルター : LPS-P2 (FF)
     レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
     ガイド : EM10(ノータッチ)
     処理 : CameraRaw6、Photosop CS5



    (1) フォーカスに関して

    PCで「EOS Utility」を立ち上げて、そこからライブビューでフォーカスを合わせようとしました。
    でもとても久し振りだったので、拡大表示の方法を思い出せません。
    ある程度は追い込みましたが、フォーカスに自信が持てませんでした。
    試写の画像をモニターで見て、少し甘いなあと感じたのですが、こんなものかなあと判断して本番の撮影を始めてしまいました。

    結果は、ご覧の通りです。
    フォーカスが甘くて、少し明るい星の周りが赤くなってしまいました。
    その結果、全体が何だか赤っぽく見えます。

    帰宅後、拡大表示の方法を確認しました。
    やはり、納得のいかない状態で本番の撮影を始めたら駄目ですね。
    時間がかかっても自信を持てる状態まで追い込まないといけないと痛感しました。


    (2) 露光条件

    まずISO感度は3200でなくて、1600以下にすべきでした。
    画像のざらつきが目に付きます。
    そして、露光オーバーだったようです。
    ISO1600で6分程度が良いでしょうかね。


    (3) センサーのゴミ?

    M42の左斜め下のところに、丸くて少し暗い部分が見られます。
    これはセンサー上のゴミでしょうか?
    でもかなりきれいな円形なのですよね。
    センサー面を見ても確認できませんでした。


    (4) ゴースト

    三ツ星のゴーストが写ってしまいました。
    三ツ星の左斜め下に、2つ?の丸い緑色のものがそうです。
    今回初めてFFタイプのLPS-P2フィルターを使ったのですが、反射面はそれでしょうか?


    (5) 色合い

    全体の色合いがどうもうまく調整できません。
    三ツ星の色もちょっと変ですよねえ。
    これは、LPS-P2フィルターの特性なのでしょうか?


    (6) 画像処理

    淡い星雲をきれいに浮かび上がらせる処理方法がよく分かりません。
    ちょっと強引にコントラスト強調しているので、全体に透明感が無いですよね。
    それに今までは全く気にしていなかったのですが、星が煩いですかね。
    これはフォーカスが甘いこともあるのですが、今後の課題ですね。

    右側が少し青っぽいのですが、この領域は赤いもやもやがないのでそうなるのですかね。
    色かぶりなのか、実際にそうなのか、悩ましいです。

    ダークフレームもライトフレームも使っていません。
    周辺減光自体は少ないと思っています。
    フルサイズ用のレンズをAPS-Cで使っているし、絞りを4.0まで絞っています。
    またRaw現像時に、レンズ特性に合わせた補正を行なっています。
    このカメラは、固定パターンノイズは少ないと思っているし、ランダムノイズはコンポジットで対処できると考えています。
    でも、これで本当に大丈夫か少し不安はあります。


    (7) 構図合わせ

    構図は前もってステラナビゲータで決めておき、写野の枠も含めてプリントアウトして持って行きます。
    赤経や赤緯に対して直角になるようにしています。
    でも、現実には構図合わせに一苦労します。
    写野内に明るい星がないと駄目で、試写の画像が山のように溜まっていきます。
    そして、赤経や赤緯に対してなかなか直角にできません。
    自由雲台を使って構図を調整していること自体が間違いなのですかねえ?


    (8) ノータッチ追尾とコンポジット

    タカハシのEM10を使ってノータッチ追尾していますが、今の私の基準ではほぼ問題無いです。
    でも将来的にはオートガイドを考えたいですねえ。
    連続的に撮影した画像は、1ピクセル程度ですが星像が移動しています。
    今はPhotoshopでシフトさせてコンポジョットしていますが、ステライメージなどを使いたいですね。


    (9) 夜空の状態

    連続して撮影した画像を同じ条件でRaw現像したのに、色合いがどんどん変わっていくものがありました。
    これは夜空の状態が刻一刻と変化しているのですね。
    変化することがあるのは分かっていましたが、こんな短時間に変化することがあるとは驚きました。



    実は、60Daと100mm望遠レンズの組み合わせで星野写真を撮影しようと計画しているのです。
    撮影対象は
       ・メシエ天体の全て
       ・カルドウェル天体の面白そうなもの
       ・上記に含まれないが、面白そうな散光星雲

    全部で80ショットになります。


    でも、甘く考えていました。
    出だしから大きくつまづいてしまいました。
    これでは、満足できるレベルの80ショットを達成するのは何時になることやら。
    ライフワークでも完成しないかもしれませんね。
    大風呂敷を広げてしまったかなあ?










    コメント

    おはようございます。
    みずがき湖の写真、私にはどれもうっとりする素晴らしい絵です。
    「悔しいですが全て失敗でした」と言われると、鼻たれ小僧の私としてはみじめになります(笑)

    でも、せっかくの田舎暮らし。
    わが手も見えぬ闇夜の世界に住むじぃに、一条の光が見えました。
    今回の記事をお手本に、新たな夜空を見てみたくなりました。

    画像アップの時には ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます(笑)
    2013/01/10 8:01 AM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    目標は少し高めに設定して、少しずつでも近づけるように頑張るのが良いのではないかと思っています。
    山口のじぃ様は、鼻たれ小僧じゃないですよ。
    少なくとも初心者ではないでしょう。

    みずがき湖は、高速を100km以上走って、自宅から2時間半ぐらいかかります。
    そちらの環境が羨ましく感じますよ。
    お互いに切磋琢磨して向上していけたら良いですね。
    2013/01/10 12:19 PM by やまねももんが
    す、すごい!!
    こんなにイケてる写真なのに、自分でダメ出しの嵐ですか。
    当たり前ですが、私と目指しているレベルが違うと感じましたよ。

    M78もバッチリ写っているし、M42からサイフ方面にかけての黒いダークな星雲もよく見えますね。色彩にも富んでいて素晴らしいと思います。

    やまねももんがさんの星野写真計画、このから先がものすごく楽しみです。
    2013/01/10 3:20 PM by まるこう
    >まるこうさん、こんばんは。

    ええ〜、全然イケてないですよ。
    まるこうさんの最近の写真のほうが全然イケてるじゃないですか。

    ブログをやっていなければボツ写真なのですが、あえて記事にして自分の尻を叩くことにしました。
    失敗の原因が分かっているものは良いのですが、これから勉強しなければならない部分が多いです。
    あまり期待しないで、長い目で見てて下さいね。
    2013/01/10 6:08 PM by やまねももんが
    少し長文になってしまいますが、ゴーストは何ともいえませんね、ノーフィルターと比較しないと分かりません。ただ、レンズが原因でもこういったゴーストは出ますね。
    M42の下の丸いものですが、ごみで間違いないと思います。センサー上のごみは結構動きやすいですよ。フラットで消えます。

    星の色合いはLPS-P2を使うと確実に変になります。ただ、三ツ星の色合い自体はかなり青いので、そこまで奇妙には感じません。
    処理に関しては露出時間を長くするしかないと思いますよ、F4ならトータル1時間は欲しいですね。

    また、レンズ補正は過補正ではないでしょうか、周辺部の方が輝度が高いようですね。青い色合いはカブリで間違いないです。

    構図合わせに関して、自由雲台は諸悪の根源だと思っています。広角だと必須ですが、中望遠では絶対に使用しないようにしています。構図合わせに関して、微動装置がある・なしでは効率が全然違いますよ〜。

    コンポジットはPhotomargeを使えば一発で、結構正確にできます。ただ、時折おかしくなりますが・・・

    偉そうにいろいろすみません。でも、中望遠での星野写真で自由雲台を使わないこと、露光時間を長くすることは必須だと思います。また、フラット補正も可能であればやった方がいいと思いますよ、後処理の簡単さが段違いです。


    2013/01/10 6:44 PM by hana
    >hanaさん、こんばんは。

    お忙しい中、貴重なコメントをありがとうございます。
    自分の中でもやもやしていた事の多くがすっきりとしてきました。
    ひとつずつチェックして改めていこうと思います。
    まずは雲台ですね。
    それに一晩での撮影対象数を減らして、総露光時間ももっと長くしていこうと思います。
    フラット補正もやってみようと思います。

    北海道はとても寒いそうですね。
    体調に気を付けて頑張って下さいね。
    2013/01/10 7:33 PM by やまねももんが
    こんにちは。

    失敗なんですか??
    僕にはわかりません(笑)

    でもフォーカス合せは難しいですよね。
    撮影中は早く撮影したいという焦りもあり、これで大丈夫だろ!って思うのですが、あとでズレた画像をみて、あのときしっかりしておくべきだったと後悔したり…。

    偶然、僕も失敗の月光写真記事をUPしたところなので、やまねももんがさんの悔しい気持ちはよくわかります。

    お互い腐らずにがんばりましょう(笑)
    2013/01/11 1:29 PM by JBL
     これで失敗写真なんですね!
     あいかわらず、人に優しく自分に厳しくですねぇ。
     さすがです。
     向上心の塊ですね。
     
     なんだか自分を省みて恥かしくなってきました。
    2013/01/11 1:51 PM by 阪神ファンいっこう
    >JBLさん、こんにちは。

    はい、失敗作です。
    5年前の私なら、これでも合格点だったでしょうが、、、。

    どうもフォーカス合わせは私には鬼門です。
    マニュアルフォーカスの時代のレンズは良かったですよ。
    ピントリングを最後まで回せば無限遠に焦点が合いましたからね。

    ありがとうございます。
    お互い、頑張りましょう。
    2013/01/11 2:57 PM by やまねももんが
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    はい、全くの失敗作です。
    人に優しいかどうかは怪しいですが(苦笑)、自分には厳しくないといけないと思っています。
    でないと進歩しませんから。

    かたくちいわしさんが復帰するまでに、びっくりするような写真を撮っていたいです。
    みんなで頑張りましょう。
    2013/01/11 3:02 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/624

    トラックバック

    ▲top